ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AmazonがAlexaと4K Ultra HD/Dolby Vison/HDR10+に対応した『Fire TV Stick 4K』の予約受付を開始 価格は6980円

Amazonは10月3日、メディアストリーミング端末の新製品『Fire TV Stick 4K』の予約受付を開始しました。価格は6980円(税込み)で、12月12日に出荷開始を予定しています。

クラウドベースの音声アシスタント『Amazon Alexa』に対応。標準で付属する音声認識リモコンに「アレクサ、アニメを見せて」など話しかけることで、音声によるコンテンツの検索や操作が可能になります。コンテンツの音声操作は再生、早送り、巻き戻しに対応。音楽やニュース、天気予報を聞く『Alexa』の一般的な機能や、ユーザーが追加する『Alexaスキル』を利用することも可能。

なお、既存の『Fire TV(第3世代、2017年モデル)』と『Fire TV Stick(第2世代、2017年モデル)』でも、12月に予定しているWi-Fi経由でのソフトウェアアップデートにより、既存の音声認識リモコンで『Alexa』の利用が可能になるとのこと。

1.7GHzクアッドコアCPUの搭載により、前モデルと比べてパフォーマンスを80%向上。滑らかで鮮明な映像再生が可能に。最大60fpsの4K Ultra HDコンテンツとHDR10+、今後配信を予定しているDolby Visionに対応します。音声では、対応するホームオーディオ機器と接続することにより、Dolby Atmos対応コンテンツを3Dサラウンドで再生可能。

4K Ultra HDとHDRに対応した『Fire TV(第3世代、2017年モデル)』を超える高機能を実現したモデルになりますが、今後メディアストリーミング端末は『Fire TV Stick』に一本化されるのでしょうか。現在、Amazon上では『Fire TV(第3世代、2017年モデル)』の取り扱いは終了しています。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。