ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

6年ぶりにフルモデルチェンジしたパーソナルドキュメントスキャナ『ScanSnap iX500』 タッチパネルと学習機能の搭載で使い勝手が向上

PFUは10月2日、パーソナルドキュメントスキャナ『ScanSnap』シリーズの新製品『iX1500』を10月12日に販売開始することを発表しました。

前モデル『iX500』から6年ぶりとなるフルモデルチェンジ。PFU 代表取締役社長の半田清氏は、「新世代に向け飛躍的に進化した新製品」として『iX1500』をお披露目しました。

新製品のポイントは本体をタッチ操作できる「タッチパネル搭載」、ファイル名の自動生成や学習機能によりスキャン内容の自動修正に対応した専用ソフト「ScanSnap Home」、快適な操作を実現する「ストレスフリー設計」の3点。

本体前面に、4.3インチのタッチパネルディスプレイを搭載。「名刺を管理」「家計の支出を管理」など用途に合わせたアイコンをスワイプで選び、タップしてからスキャンボタンをタップすると、原稿の読み込みを開始します。アイコンは20種類以上のテンプレートからカスタマイズでき、最大30個まで画面に登録が可能。利用するユーザーごとにアイコンを色分けすることもできます。

『ScanSnap』ユーザーが利用可能なクラウドサービス『ScanSnap Cloud』と手軽に連携可能。「ScanSnap Cloudに送る」のアイコンをタップすると、スキャンした原稿を「文書」「名刺」「レシート」「写真」の種別を自動判別して、『Googleドライブ』『Dropbox』『freee』など、ユーザーが利用するクラウドサービスに振り分けて保存します。アイコンのカスタマイズにより、保存先のクラウドサービスをあらかじめ指定して直接連携させることもできます。

『ScanSnap Home』は、Windows/MacOS用の専用アプリケーション。『iX1500』1台のソフトウェアライセンスで4人分のユーザーが登録でき、各ユーザーは5台までのデバイスを接続できます。

自動化と学習機能を搭載するのが大きな特徴。文書の日付とタイトルから「20070121_見積書」のように自動でファイル名を生成できるほか、自動でつけたファイル名を手動で修正した場合、学習機能により次回以降は最適なファイル名の提案が可能。たとえばスキャンした「簿記」の文字をOCRが「薄記」と誤認識して手動で修正した場合、同じような文書を次回スキャンした際には学習内容に基づいて自動で誤認識を修正します。

文書の検索機能は、PDFやjpgeファイルの内容からも全文検索が可能。スキャンした原稿の種別を自動判別する際、キーワードとなるタグが自動で付加されるので、原稿の種別やタグを使っても検索することができます。

本体とデバイスをWi-Fi接続する場合、アクセスポイントを経由して接続するモードと、本体とデバイスが直接接続するモードが選択可能。アクセスポイント接続モードでは、干渉の少ない5GHz帯での接続にも対応します。USBによる有線接続も可能。

「ストレスフリー設計」の観点では、本体を起動してスキャンを開始するまでの時間を短縮。Wi-Fi接続で約3倍、USB接続で約2倍の高速化を実現しています。スキャン速度はA4両面カラーで30枚・60面/分と、『iX500』と比べて20%高速化しています。

給紙カバーはA4サイズの紙が安定してセットできるよう構造を改善。スキャン後の原稿を受けるスタッカーは、直線的に引っ張るワンアクションで引き出せる構造を採用。原稿セット時のストレスフリーを実現しています。

本体は、背面まで白を基調にしたデザインを採用。オフィスや家庭など、置く場所を選ばないデザインになっています。

10月2日から受注を開始し、10月12日から販売を開始。価格はオープンで、直販サイトの『PFUダイレクト』では5万1840円(税込み)で販売します。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。