“アフレコ現場が家”の声優とは? TVアニメ『風が強く吹いている』双子役:榎木淳弥&上村祐翔インタビュー

access_time create folderエンタメ

直木賞・本屋大賞受賞作家の三浦しをん先生の箱根駅伝を舞台にした名作青春小説『風が強く吹いている』がTVアニメ化。10月2日より日本テレビ他にて放送がスタート。

TVアニメ『ハイキュー!!』シリーズを大ヒットさせてきた東宝×Production I.Gという、期待しかない組み合わせの本作から、城 太郎(通称、ジョータ)、城 次郎(通称、ジョージ)の双子を演じる榎木淳弥さんと上村祐翔さんにインタビュー。

取材中も同時に喋りだしてしまうほど、息がピッタリの2人。収録現場の雰囲気からお互いの印象までたっぷりとお話を伺いました。

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
https://otajo.jp/74014[リンク]
※ガジェット通信とOtajoは姉妹サイトです。

双子のように息ぴったり!

――まず、作品の印象を教えてください。

榎木:タイトルは以前から知っていて、映画化されていたり、有名な原作なので、その作品に出られることになりとても嬉しかったです。いざアフレコが始まって台本を読んでみたら、1人1人に走る理由があって、その走ることを通じて自分に必要なものだったり、何が自分にとって大切なものなのかを見つけていく、成長ストーリーなんだなという印象を強く受けました。

上村:僕も台本を読んだときに、それぞれのバックグラウンドがきちんとあって、走ることを通して、1人1人が変化していく。その変化の過程も、いわゆるスポーツ青春ものというような感じではなく、大学生なりの悩みなどが描かれていて、人間ドラマとしての部分が大きいんだなという印象を受けました。なので、そこは繊細に演じていきたいな、と感じました。

――1人1人のバックグラウンドがしっかりあるということですが、どのキャラクターの背景に魅力を感じますか?

榎木:僕はキングですね。キングはちょうど就職活動真っ最中の時期なんです。僕も昔大学に通っていたとき、ちょうど就職活動をし始める時期に声優の職業を目指し始めたので、キングが感じるような、社会に対しての不安みたいなものが共感できます。就活しなければいけないキングにとって、駅伝は少し余計なものだと思うので。そんな彼が今後どう変化していくのかが楽しみです。

上村:僕はニコチャンとカケルが話している場面。ニコチャンのかつて選手として陸上をやってはいたけれど、自分はあまり向いていないんじゃないか、といった葛藤の部分は、カケルにどこかさり気なくアドバイスしていくような感じが出ていて。ハイジがいなかったときのサブリーダー的なところもあるので、ニコチャンとカケルの関係性が好きですね。あまり多くを語ることはないけれど、諭すような、自分の経験があるからこそ言えること、みたいな描写が素敵だなと思いました。

――ジョータとジョージは双子のキャラクターですが、演じる上で意識していることは?

榎木&上村:そうですねえ……。

――息ピッタリですね(笑)。

榎木:双子のキャラクターなので、自分1人で作るというよりは、上村くんがどう演じてくるのかをまずはしっかり見てから自分もそこに合わせて調整していこうかな、と第1話の収録のときから意識していました。

上村:僕としても榎木さんとは初共演でしたし、喋り方やニュアンスの部分でシンクロがあったらいいね、と音響監督の菊田さんからも言われていたので、本当に聴きながら「どういう言い回しをするのかな?」と調整をしながらやっていきました。今は本当に良い感じに双子らしさが出てきたと言っていただけているので、良かったなと思っております。

――お兄ちゃんと弟として意識する部分はありますか?

榎木:セリフ自体が兄と弟の関係になっているような気がします。少しジョータの方が落ち着いていて、ジョージの方がどちらかというとグイグイ前にでるような感じがしますね。

上村:僕と榎木さんの実際の年齢のバランスもあって、声質やお芝居の方向性は同じかもしれないんですけど、その積み重ねてきたものの差が良い具合に作品に投影されているんじゃないかなと思います。

注目は興津和幸演じるユキのアドリブ!?

――ジョータとジョージの魅力や演じていて面白い部分を教えてください。

榎木:やっぱり双子なので、同時に同じセリフを言うシーンがかなり多いんですけど、そこが本当の双子のようにバチッと息があってハマると気持ちいいので、それをオンエアで見るのがとても楽しみです。逆に揃いすぎて1人の人間に聞こえると言われて、それで録り直しになったことが何回かあって。

上村:あれすごいですよね。

榎木:どれだけ同じに聞こえたんだろう?って(笑)。

上村:あと、アドリブもかなりありますよね。

榎木:あるね~。

上村:当初の予定では、次のシーンは少しセリフをこぼすくらいだったのに、実際に現場に行くと、さらに「そのシーンいっぱいまで延ばしてください」などあるので、裏の部分でも一生懸命にぎやかしている、その空気感が伝わったらいいなと思います。先程、人間ドラマという話もしましたけど、それぞれの苦悩とか葛藤とかがある中でそれが良いスパイスになっているというか、そこでちょっとフフッと笑ってくれたら嬉しいですね。

――他のキャラクターもアドリブが多いんですか?

上村:けっこうありますね。

榎木:みんなでどんちゃん騒ぎをしているシーンがよく出てくるのですが、そこはなんとなく組み合わせみたいなものがあって。そのメンバーでアドリブをやってください、という指示があります。

――笑ってしまったアドリブは?

榎木:ユキは普段は割と理路整然とした発言で参謀というか、頭の良いキャラなんですけど、そういった騒いでいるシーンでは、ものすごく強烈なツッコミを入れるので、演じる興津和幸さんが全力で叫んでいて、普段のユキとのギャップが面白いです。ユキは普段からツッコミ役ではあるんですけど、その全力さが面白くて、つい笑ってしまいますね。

上村:興津さんすごいですよね(笑)。どんちゃん騒ぎをするような打ち上げみたいなことは双子の部屋でやっているんです。双子は1年生で未成年なんですけど、たまたまそのアドリブのときに、僕と興津さんが同じマイクに入ってアドリブをしていたので、なんとなく会話みたいな感じになって。少し酔いがまわったユキだと、ジョージに酒を強要してきたり(笑)。だから、「それはちょっと本当に無理です」みたいに、ジョージがまともに対応するっていう(笑)。

榎木:未成年がお酒飲んだらダメだからね、放送できなくなっちゃうから(笑)。

上村:お酒が入るとそういったギャップがあったりするので、アドリブは毎回楽しいです。

――では、メインではない裏のセリフも聴きどころですね。

榎木:どれだけ聴こえるか楽しみです。

アフレコ現場が家の声優たちって?

――アフレコ現場の雰囲気を教えてください。

上村:自由ですね(笑)。

榎木:バラバラという感じではないんですけど、各々が好きなことを話して、そこにのっかっていってみたいな。

上村:すごく居心地の良い空間ですね。

榎木:すごく楽で居やすいです。

――盛り上げ役みたいな方はいらっしゃるんですか?

榎木:話題をよく提供してくれるのは入野自由さんとか、内山昂輝さんですかね。

上村:その2人がよくお話されていて、豊永利行さんがツッコミを入れる。

榎木:それで豊永さんがイジられる。

――あ~、もうその光景が目に浮かびますね。

上村:でも一体感はある感じですね。

榎木:チーム感はすごくあります。

――今回お二人は初共演ということですが、お互いの印象を教えていただけますか。

榎木:初共演なんですけど、上村くんのことは今すごく活躍されている若手の方と認識していたので。

上村:いやいやいや(笑)。

榎木:その上村くんと双子を演じるということで、どんな双子になるかすごく楽しみにしていきました。実際に上村くんはものすごくしっかりしていて、年齢にそぐわぬ落ち着きがあるので、それに負けないように毎回必死について行こうと思っている次第です(笑)。

――上村さんは子役からご活躍されていることもあって、とても落ち着いているイメージがあります。

榎木:でも、他の子役出身の方ともまた違う雰囲気をもっています。この作品はキャストに子役出身者が多いんですよ。入野さん、豊永さん、内山さんと、上村くん。

――たしかに、多いですね。

榎木:だけど前者3人とはまた違う雰囲気が上村くんはあって。その3人はもう収録現場が家みたいな感じなんですよ。

上村:すごい的確な表現ですね(笑)。

――どういうことですか(笑)!?

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧