ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

謎多き漆黒の幼子と共に永遠の夜の地を駆けろ。ストーリー性強めのハードコア・アクション『Light Fall』

太陽が決して昇らぬ永遠の夜の地「ナンブラ」。
その環境は厳しく、生き残れるのは強き者のみ。
弱者は朽ち果てる運命にあった。
light-fall-1

されど、隣接する国々が引き起こす戦争に疲弊した小国「カンループス」の民は、この地への移住を諦めようとしなかった。

やがて、彼らは永遠の闇に包まれた安息の地を見つけるに至る。
そして、平和と安定を手に入れたかに思われた。
light-fall-2

しかし、カンループスの民のみならず、ナンブラ全土を葬り去ろうとする恐るべき脅威が迫りつつあった。

そんな中、突如生まれ出た漆黒の幼子。
彼は何かに導かれるように、ナンブラの地を駆け始める。
light-fall-3

今回紹介する『Light Fall』は、カナダに拠点を構えるインディーデベロッパー「Bishop Games」制作による横スクロールアクションゲーム。2018年4月26日にNintendo Switch、PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」でWindows、Mac版がリリースされた。海外ではPlayStation 4、Xbox Oneにも供給されている。日本語ローカライズは架け橋ゲームズが担当。

制作は2014年より始まっており、その間に東京ゲームショウ、BitSummitの国内のゲームイベントにも出展され、当時から日本語版の発売が予告されていた。4年の歳月を経て、作中の主人公同様に産声を挙げた本作の魅力を紹介していこう。

不思議な箱「シャドウコア」による、縦横無尽なアクション

ゲームの内容は、主人公である「漆黒の幼子」を操作して、不吉なクリスタルが出現し始めた「ナンブラ」の地を駆け抜けていくというもの。ステージクリア方式で進行し、ゴールに辿り着けばクリアとなり、次のステージへと進む。アクションゲームとしては至って王道の作りだ。
light-fall-4

本作最大の特色は「シャドウコア」と呼ばれる、特殊な箱を用いたアクション。足場を作り出して落下を防いだり、攻撃に転用したり、トラップを無効化する盾に利用するといった独特なテクニックを駆使して、ステージを進んでいく形となる。
light-fall-5

特に足場の作成は、本作で最も活用機会が多い。作り方も操作は簡単ながら、少々変わっていて、基本的にBボタンでジャンプした後、再度Bボタンを押せば、幼子の動きに沿って箱が足の下に設置。Aボタンを押すと、幼子の向いている正面に盾になるかのように箱が設置される。作成できる場所にも制限はなく、空中なら”ほぼ”どこでも可能。進行ルート上の仕掛けを無視し、大胆に飛び抜けるという荒業もできるなど、自由度が高い。

しかし、空中に連続して出せる箱は四つまで。四連続で出してしまうと、以降、A、Bボタンを何度押しても箱を作り出せなくなる。再び出せるようにするには、陸に着地しなければならない。そうすることで、制限がリセットされ、箱が作れるようになる。
light-fall-6

なので、大胆なショートカットをしたい場合は都度、陸に着地しながら進むのが基本。ショートカット関係なく、道中には同様の歩き方が求められる場面が多数登場し、制限を念頭に入れた立ち回りが求められてくる。
light-fall-7

また、足場を作ると同時に攻撃、壁としての並行利用もできない。いずれも箱こと「シャドウコア」を基に展開されるので、足場を作って間もなく発動でもすれば、足場が消え去って幼子は奈落の底行きだ。

このように、「シャドウコア」の制限を念頭に入れ、適切な形で使い分けていくという、状況を見極める判断力が攻略のカギになるアクションゲームになっている。四角い箱を使うその見た目から、パズル的な内容をイメージするかもしれないが、パズル要素は多少あるぐらいで、アクションの使い分けに焦点を当てた設計。いい意味で、予想を裏切るゲームデザインになっている。

また、「シャドウコア」以外にも、ジャンプ、壁蹴りなど、基本アクションも機動性の高さが際立つ。挙動が少し独特ではあるが、シャドウコアも含め、思うがままに動かせ、繰り出せるのには、これぞアクションゲームな手応えを実感できるだろう。

アクションゲームとしては異例のストーリー性の強さ

light-fall-8
1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。