ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

緊張しすぎて頭痛を起こす!? 映画『プーと大人になった僕』が仕事人にはツラいと話題

puu_twitter_01

2018年9月14日に日本で公開されたユアン・マクレガー主演の『プーと大人になった僕』。くまのプーと大人になったクリストファー・ロビンが再会するのですが、彼が仕事や家族について悩んでいるというストーリーで誰でも楽しめる映画になっています。

そんな『プー僕』ですが、仕事に追われている身からすると心が痛むという話をある『Twitter』ユーザーが投稿して話題となっています。

どう見ても忙しい上司(役員)が「プーと大人になった僕」を観に行ったら主人公が会社と家族の板挟みになったりプーが重要書類を水浸しにしたりの連続で、終始緊張しすぎて激しい頭痛を起こしてしまい、息子にも「パパ何でずっと辛そうだったの?」と言われた話を昨日聞いて同情しつつも笑ってしまった

ツイート主によると、この上司は続けて「仕事も家族もヤバイのにそこにさらにプーが来るんだよ…プーが……」と言ったのだとか。これには「ちょっと分かる」「胃に大ダメージ食らう」といった反応が続出していたほか、「休んだほうがいい」という声も上がっていました。

また、別の作品でも同じような心境になるという人も。

まだ観てないけど上司さん想像出来る 私的にはおさるのジョージもそんな感じ…黄色い帽子のおじさん仏かよ…と思う

そっか、子どもの時面白く見てたdrスランプのアラレちゃんが無邪気に暴れまわるとこを大人になってから見ても少しも笑えなかったのは、実生活で無邪気に私を振り回す子ども達の育児でお腹いっぱいだったからか

登場人物のことを見てまるで自分の事のようにいたたまれなくなってしまう作品に出会ってしまうことがありますが、それだけ人間を鋭く描いた脚本・演出だといえそう。そういう意味でも、プーさん好きに限らず観賞の価値のある作品なのではないでしょうか。

『プーと大人になった僕』(ディズニー公式サイト)
https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html [リンク]

(c)2018 Disney Enterprises, Inc.

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy