ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事場にかかってきた「今日のパンツ何色?」電話の返しが秀逸と評判! 「素晴らしい機転」「身につけたい」

callcenter_01

『コールセンター白書2017』(リックテレコム)によると、調査対象204社のうち「前年並み」が55%、「前年よりも悪くなった」が21%となっており、改善の兆しが見えてこないというのが現状。非正規雇用が増えているということも要因として挙げられますが、業務内容による心理的負担が高いという研究も出てきています。普段電話を取ることが多い人だと、イタズラに悩まされるというケースもあるではないでしょうか。

ある『Twitter』ユーザーが、仕事中にかかってきた電話にどう対処したのかツイート。「素晴らしい機転」「笑ってしまった」という声が多数上がっています。

今日のできごと
仕事場に電話かかってきて
「今日のパンツ何色?」とのことだったので
「お調べしますのでわかり次第折り返し致しますね!失礼ですがお名前とご連絡先をお伺いしてもよろしいですか?」
って答えたら電話切れた

テンプレすぎるセクハラに「久しぶりにこんな電話取ったのでわくわくしました!」というツイート主には、「かっこいい」「身につけたい」といった称賛の声があったほか、体験談も複数寄せられています。

この電話きたことあります!
ふんどしやで!
って答えたら向こうも「お、おう」って困ってました。その後静かに切られました。

もう少し粘りがほしいですね…

母親が若い時に同じような電話があったそうで、適当に「黒っ!あんたは?」と食い気味に聞いたら「えっ…!?」と驚いてすぐに切られたそうです。こちらの反応を楽しんでいるので、堂々と対応してあげるといいんでしょうね!

元ツイート主によると「調べてきたらきょうの晩御飯答えるつもりでした!」とのこと。しどろもどろになると相手の思うつぼなので、あらかじめ答えを決めておくと撃退できる確率は上がるのではないでしょうか。電話に限らず、メールにも応用が効くかもしれません。

※画像は『足成』より
http://www.ashinari.com/2011/11/14-352852.php [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。