ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラマ『ルームロンダリング』11月スタート! 池田エライザと松原タニシ(事故物件住みます芸人)がオカルトーク

dsc_0062

訳あり物件に住み、部屋の履歴を帳消しにする「ルームロンダリング」をしながら暮らしている、18歳の八雲御子。隣人とのコミュニケーションが御法度というこのアルバイトは人付き合いが苦手な彼女にぴったりで、相棒のアヒル・ジョセフィーヌと共に様々な部屋を渡り歩きます。

池田エライザさん主演で、7月に公開された映画『ルームロンダリング』がテレビドラマ化! TBSにて11月6日より放送スタートいたします。

ルームロンダリング、事故物件というちょっと特殊な状況を描いた本作。主演の池田エライザさんと、事故物件住みます芸人の松原タニシさんのスペシャル対談が実現! 映画について、霊感ってありますか?!など、色々とお話を伺ってきました。

dsc_0007

▲池田エライザさん

dsc_0070

▲松原タニシさん、池田エライザさん

――今日は映画の感想や、『ルームロンダリング』のテーマである、事故物件についてお2人にお伺いできればと思います。

池田:よろしくおねがいします、事故物件住みます芸人ってすごいですよね。面白い。

松原:ありがとうございます! 池田エライザさんの様なキレイで人気の女優さんとお話しするのは緊張だったのですが、さっきご挨拶した時に結構オカルトがお好きの様で、安心しました。

池田:オカルトとか都市伝説とか好きです。以前インタビューで『月刊ムー』が好きと話していたら、『月刊ムー』のデザインのTシャツが送られてきて。びっくりしましたけど(笑)、好きなんです。

――実際に事故物件に住まれている松原さんがこの作品をご覧になっていかがでしたか?

松原:厚かましいかもしれませんが、「この作品に1番共感できるのは僕なんじゃないかな?」と思いましたね。

池田:そうですよね!だって住んでいる。

松原:そうなんです。そしてこの作品はルームロンダリングというテーマが特殊でユニークなのですが、すごく優しい家族愛を描いていて、とてもあたたかい気持ちになれて感動しました。

池田:ありがとうございます。この作品の台本をいただいた時、ちょうど母の実家に帰っていて、そんな環境で読んでいたので、家族についてしみじみ考えるきっかけもいただいたというか。久しぶりに家族に会って、生きててくれること自体がありがたいなと考えているときに、ちょうど台本をいただいて。なので私にとってこの作品は、母親と向き合う御子ちゃんがちょっと成長出来るお話しだなって。私もあたたかい気持ちになりました。なので、この作品のジャンル的にはコメディかもしれないのですが、私はハートフルな人間ドラマだと思っています。

松原:幽霊たちの描き方も良いですよね。事故物件ということは、そこで人が亡くなっているわけですけど、当たり前のことですがそれまで生きていた人間が暮らしていたというわけで。その人たちの思い残した事や、悔しさなんかが描かれていて、面白い表現だなと感じました。

dsc_0064

――作品の中で池田さん演じる御子は幽霊たちがハッキリ見えているわけですが、松原さんもああいう感じで見えたりするのでしょうか……?

松原:いえ!僕はああいう感じで幽霊は見ないんですよ。ラップ音とか物音、ちょっとした現象を感じたり見たりするという感じです。

――それでも十分怖いと思うのですが、どうやって恐怖を克服されているのですか?

松原:「すべてをポジティブに考えよう!」と思いました。例えば、パンパンと鳴るラップ音や、電気が勝手に点いたり消えたりとかした時に「霊が僕を気にかけてくれているんだ」と思うようになって。お風呂に入っていて、鏡に「シ」という文字が浮かんだので怖いなと思ったんですが、続けて「ヤ」「ン」「プ」「―」って、シャンプーが切れそうな事を教えてくれたり。

池田:そのエピソード、本当にすごすぎますよね(笑)。

松原:音を出してきたりアピールしてくるってことは、僕の事が嫌いなわけではなくて、ちょっかいを出したいからだ、そう思いながら暮らしています。

池田:幽霊と上手に共存している点は御子ちゃんと同じなんですよね!

松原:そうなんです! だから作品もすごく面白くて。あと、アヒルのジョセフィーヌはランプですけど、時々ピカピカと光ったりするじゃないですか。あれがホラー・オカルト好きとしてはたまらない演出でしたね。異常を感じると電化製品がおかしくなる、と。本作を手掛けた片桐監督は、『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズを手掛けてきた中村義洋監督のもとで仕事されていた方なので、そういう所も嬉しかったです。

池田:なるほど。私はジョセフィーヌには、多分お母さんの霊力が溜まっていて「これから幽霊が出るよ」と教えてくれているのかな? って考えていました。緊急地震速報みたいな感じで。

――なるほどなるほど。ドラマでもジョセフィーヌが活躍するのか、とても楽しみにしております! 今日は楽しいお話をどうもありがとうございました。

dsc_0057

▲アヒルのジョセフィーヌ

ドラマイズム「ルームロンダリング」 2018年11月よりMBS、TBS深夜枠ほかにて放送!
11/4(日)スタート 毎週日曜 深夜0時50分〜 11/6(火)スタート 毎週火曜 深夜1時28分〜
https://www.mbs.jp/roomlaundering/

撮影:周二郎

dsc_0014 dsc_0017 dsc_0040 dsc_0016 dsc_0015 dsc_0012 dsc_0011
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy