ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカで大人気!オールインワン太陽光発電システム「Smartflower POP」

ここ数年間、未曾有の災害に襲われる続ける地球。温室効果ガスを排出しない自然エネルギーへの注目度が増すのは、必然と言えるだろう。

環境保護を重視するアメリカでは今、「Smartflower POP」という住宅用ソーラーエネルギーシステムが大人気。任意の場所に設置するだけで、電力が必要なすべての場所に、エネルギーを供給してくれる。

・一般製品の40倍近いエネルギーを生成

ひまわりから着想を得たという「Smartflower POP」。ソーラーパネルは、モジュラー式のファンになっており、まるで花びらのように配置されている。太陽光が当たると、それらがぱっと開く仕組みだ。ファンは内臓モーターとともに、日中に稼動。一般的な太陽光発電装置の40倍近いエネルギーを、生成することができる。

パワーはかなりのもので、年間で3400〜6200キロワットアワーの電力を生産。この数字は、中央ヨーロッパにおける全家庭の平均電力消費量に相当する。組み立て、設置を業者に頼らず、自力でできるのもポイント。庭にちょっとしたスペースがあれば、十分取り付け可能だ。

・全米各地の施設に設置

長い開発期間を経て、製品化が実現した本システム。現在は、個人住宅はもちろん、駐車場や牧場、大学の構内など、米国内のさまざまな施設に設置され、人気を博している。

カラーは8色展開。豊富なカラバリから、自分の好みに合った色を選択できる。購入に関する問い合わせは、ホームページの専用フォームから。

Smartflower POP

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。