ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外でも話題!SpaceXによる初の民間宇宙旅行者はZOZO前澤友作氏に

先月、9月中旬に大きな発表を予告していたイーロン・マスク氏だが、同氏による18日の発表は予想よりも驚くような内容だった。会見では、ロケットのデザインが変更されたことおよび、搭乗するのがZOZOTOWN設立の前澤友作氏であることが明かに。SpaceXによる初の民間宇宙旅行は2023年を予定しており、その際前澤氏も、同社が開発中の大型ロケット、Big Falcon Rocket(BFR)に乗って月へ行くことになりそうだ。

Thank you @elonmusk for making #dearMoon possible! https://t.co/U9gi32JKXC

— Yusaku Maezawa 前澤友作 (@yousuck2020) 2018年9月18日

・月に初めて行く民間人に

海外では月に初めて行く民間人について、オンライン小売業で財産を築いた日本の富豪…という文脈で紹介され話題になっている。

前澤氏は、”子供のころからずっと月を愛し続けて”きたことを公言しており、今年2月のFalconHeavy打ち上げ成功時にも賞賛と喜びをツイート。SpaceXへの熱い想いを露わにした。

Congratulations on the successful launch of FalconHeavy!!! I had been the scene at the historic moment. [email protected] @elonmusk pic.twitter.com/0Bg3htxWWE

— Yusaku Maezawa 前澤友作 (@yousuck2020) 2018年2月8日

民間宇宙旅行一組目の人選に関しても、イーロン・マスクが前澤氏を選んだのではなく、前澤氏から持ち掛けたようだが、ミッションにいくら支払ったかは明らかにされなかった。

・アポロ以来、半世紀ぶりの送還

2017年当初SpaceXは、Falcon Heavyによる月の周遊旅行を計画していたが、今回のミッションでは2人乗りの同ロケットの代わりに十数人が収容できるBFRが選ばれ、前澤氏は、6~8人のアーティストを招待して一緒に月に行くと発言している(アーティストが誰になるかはまだ決まっていない)。

月に行くことにしました。アーティストと共に。 #dearMoon https://t.co/ivMypEcWBZ

— Yusaku Maezawa 前澤友作 (@yousuck2020) 2018年9月18日

今まで月へ行った人類は歴代24人。今回の宇宙旅行が成功すれば1972年のアポロ以来の送還となる。前澤氏の目標達成能力は、発表4日前の本人のツイートのようにまさに”no limits”。私たちにも夢を見させてくれる。

There are no limits.

— Yusaku Maezawa 前澤友作 (@yousuck2020) 2018年9月14日

前澤氏の乗るBFRの打ち上げテストは来年にも始まるとのことで、SpaceXの一挙手一投足にもさらに注目が集まるだろう。

This is BFR from @spacex #dearMoon pic.twitter.com/jZiu1RHqUN

— Yusaku Maezawa 前澤友作 (@yousuck2020) 2018年9月18日

参照元:SpaceX will fly Japanese billionaire Yusaku Maezawa as the first ever private tourist to the moon/CNBC
Yusaku Maezawa 前澤友作(@yousuck2020) | Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。