ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『プーと大人になった僕』ユアン・マクレガーインタビュー「50歳を前に自分を見つめ直す時間が増えたよ」

img_6148-2

世代を超えて幅広く愛される世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を実写映画化した『プーと大人になった僕』。現在大ヒット公開中です。先日、主人公クリストファー・ロビンを演じる、ユアン・マクレガーさんが初来日し、多くのファンを沸かせたことも記憶に新しいですよね。

ガジェット通信では、ななななんと、ユアンさんご本人にインタビューを敢行! ユアンさんと同い年の47歳というオサダ記者……もといウサダ記者が、映画について色々とお話を伺ってきました。

img_6154-8

お互い47歳のユアンさんとウサダ記者。同い年といっても、カッコ良さ、佇まい、男としての価値が何もかも違いすぎる!

img_6155-9

――今日はよろしくお願いします! あの、実は僕とユアンさんは47歳で同い年なんです。見た目が違いすぎるんですが。

ユアン:本当に?! お若いウサギさんだと思っていたのでビックリです。

――この年齢になったからかもしれないのですが、この映画を観て、昔を振り返る事が増えていることに気付いたんです。ユアンさんもそういった事はありますか?

ユアン:そうだよね、あと3年で50歳ですもんね。年齢って面白いですよね。30歳の頃は年齢なんて気にしなかったし、40歳になった時はクールだなと思っていた。でも50歳となると色々考える機会が増えるのは同感です。でも、僕はウサダさんの様に昔を振り返る事はないのだけど、今の自分を見つめ直す時間が多いかな。将来より良い自分になる為にどうすれば良いのかを考えたりね。

――なるほど、なるほど。

ユアン:時間があれば、一緒に部屋の角に2人で座って涙を流しながら語って、心の浄化をしたいね。お互いに慰めあって、元気になったら寿司を食べに行ったりね。

――わあ、それはそれは、ぜひ!(嬉しくて笑いが止まらないウサダ記者)

ユアン:あははは(笑)。

――クリストファー・ロビンは映画の冒頭で心のみずみずしさを失くしている様に思います。ユアンさんご本人はいつまでも若い心を忘れていない俳優さんだと思うのですが、どうこの役柄にアプローチしましたか?

ユアン:僕は役柄に対して、ここが自分と似ているからこう演じようとか、そういう事は考えないんだ。どの役柄に対しても誠実に演じるという事を意識しているだけ。とてもシンプルに、本能に従って演じるだけなんだ。僕が読み取った役柄と、監督が考えている事が違っても、それはすごくワクワクすることだしね。

――プー、ピグレット、ティガー、イーヨー、などたくさんの仲間達が登場しますが、ユアンさんが自分と似ていると感じるキャラクターはいますか?

ユアン:そうだね、全員に似ているかな。例えば、イーヨーの様にネガティブな日もあれば、ティガーの様に飛び跳ねたい日もある、日によって自分の中の性格や気分が変わったりするんだ。でも、一番好きなキャラクターといえば、やっぱり長い間一緒にいましたから、プーさんなんだ(小声で)。他のみんなには内緒ですよ(笑)。

――素敵なお話ありがとうございます! 今日はとても楽しかったです。

ユアン:こちらこそウサギさんとお話出来て嬉しかったです。3年後の50歳、お互い頑張りましょうね。僕の誕生日が来たらウサダさんの事を思い出しますから!

――恐れ多いお言葉ありがとうございます、これからもご活躍楽しみにしております!

【動画】『プーと大人になった僕』ユアン・マクレガーインタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=Ff2AQJ2QVDI

img_6149-3

『プーと大人になった僕』現在公開中
https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html

dy-0054 dy-0076
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy