ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

開店から6年『ロボットレストラン』が進化しすぎててヤバイ!! あまりにも異世界すぎる空間を体験してきた!

登場してくるのがエビだったり……

カエルだったりともうメチャクチャ。さらにはここには書けないような、さまざまな映画のパロディキャラが次から次へと登場し、その都度会場は「それやっちゃダメだろ!」という感じで大爆笑。あれ、僕は今『おそ松さん』とか『ポプテピピック』を見ているのかな……?

しかし人間たちは徐々に強そうな生き物を召喚し始め、最後は見事にロボット軍を撃破!

迫力ある戦闘シーンが続く中でもギャグの要素が散りばめられていたりして、第2部は最高のエンターテインメントに仕上がっていました。ほんとバカで面白かった……!

歌舞伎町だからこそ成立する独特の世界観! 日本人でも好きになれるはず……

その後、第3部は巨大なロボットが2足歩行しながらパフォーマンスをするダンスショーとなっていて、最後は大量のロボットとダンサーがパレードを行う華々しい演出ですべての公演が終了となりました。

もしロボットレストランが歌舞伎町以外にあれば、もっと広い会場になって表現の幅が広がるかもしれないですし、入場料も安くなったりするかもしれません。ですが、ロボットと人間が作り上げるパフォーマンスは歌舞伎町のカオスな雰囲気とリンクしているのは紛れもない事実。歌舞伎町にあるからこそ最大限に魅力が引き出されているショーなのかなと感じされられました。

現在は外国人観光客が多い関係で、お店側も外国人向けにシフトしている感じはありましたが、だからこそ余計に異世界に来ている感覚を味わえるはず。入場料8,000円と聞くと割高に感じるかもしれませんが、満足度は非常に高いのではないかと思います。興味をお持ちの方はぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2 3
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき