ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マルチ商品が通販サイトで格安で販売される理由

マルチ商品が通販サイトで格安で販売される理由

長い人生、1度ぐらい勧誘されたり、親戚にハマった人がいてもおかしくはないのがマルチ商法。マルチ商法の「マルチ」とは、マルチ・レベル・マーケティング、つまり多階層販売方法のことです。そんなマルチ商法で販売されている商品がなぜか通販サイトで格安販売されています。その理由を見ていきましょう。

マルチ商品を買った分がポイント

とあるネットワークビジネスの会員数全75万人のうち、マルチ商品を買うだけの「ショッピングメンバー」は約6万人。残りの約69万人は「ディストリビューター」というスポンサリング(勧誘)の資格を持っています。

仮にAというディストリビューターがBを勧誘。Bがマルチ商品を買ったり、あるいはAが自分で購入するとポイントが発生。さらにそのBがCを勧誘し、Cがマルチ商品を買ってもAにもポイントが入ります。

Aをグループの頂点としてその下部に何グループもツリー状に組織を作っていくと、会員が階層構造になっていて、下位の人が勧誘したりマルチ商品を買った分がポイントとなり、その上位の人、上位の上位の人に成果として反映されるのです。

こうして自分の系列グループを形成し、会員を増やして自社製品を売っていくことで、成果に応じて20弱の認定資格を付与。その位に応じて収入やボーナスが支払われる仕組みです。

マルチ商品を高価買取りするサイト

「さぞかし厳しいノルマがあるのでは…?」と想像しますが、ノルマはありません。ありませんが、成績を上げないと認定資格がどんどん落ちていき、そして収入がどんどん減っていく恐怖があります。

「今月、あと◯◯ポイントあれば、ランクを落とさなくて済む」という系列グループのリーダーがいたら、いろいろ手を尽くすでしょう。ネット上には、マルチ商品高価買取りをうたったサイトが無数にあります。中には、「足りないポイント分だけ製品を買い取りますよ」という内情をよく知る業者もいるのです…。

そうして安く買い取ったマルチ商法の商品は、利益を乗せて通販サイトで販売。買う方も「会員から買うのは嫌なので、ネットで購入」「正規ルートより安い」といった理由などで、売買が成立しているようです。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy