ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダンボーのモバイルバッテリーが売れている理由

ダンボーのモバイルバッテリーが売れている理由

丸いくりくりの目と三角の口が目印の「ダンボーモバイルバッテリー」。マンガ『よつばと!』に登場する人気キャラで、至る所でグッズ化されていますが、1番人気はモバイルバッテリー。初代モデルは発売初日に1,000台が売れ、再販の度に瞬殺。一時は2万円近い価格で転売されていました。

ダンボーモバイルバッテリーの中身

ダンボーのモバイルバッテリーは「キャラクターが人気だから売れてるんでしょ?」と思われがちですが、実はかなりの実力者。中身はチーロ製のバッテリーで、高性能かつ安定性に優れています。

ダンボーモバイルバッテリーの中身は、チーロの「Power Plus3(実勢価格2,780円)」と全く同じ。チーロは安全性を高めるため厳しいテストを行っており、不良率は0.6%と極めて低いという特徴があります。

2018年現在では、パナソニック製とLG製の充電池を採用。LGは電池メーカーとしてなじみがありませんが、実はGMシボレーのEVカー用バッテリーを提供するなど、国際的な品質水準を保っています。

ダンボーモバイルバッテリーのサイズ

最新モデルである「cheero Power Plus 3」は、出力方式を自動判別できる上、2台同時充電が可能。容量は13,400mAへと増量しました。Amazonでの評価は4.5をマークし、初代モデルの発売から5年経った今でも支持され続けています。

ダンボーモバイルバッテリーの手頃なサイズも、ロングセラーの要因といえるでしょう。ポケットに収まる92W×80H×23Dmmというサイズで、重さは245g。それでいて容量は13,400mAhなので、あらゆるモバイル機器をこれ1台で充電できます。

USBは2ポート合わせて3.4Aで2台同時充電にも対応。ただし、1.5A以上の充電は電力が5Vを下回るため、その場合は2台同時充電は避けた方が無難でしょう。とはいえ、入力2.0A、出力3.4Aと昨今のスマホにもきちんと対応。ダンボーモバイルバッテリーの実勢価格は3,980円からとなっています。

関連記事リンク(外部サイト)

アルカリ電池を充電する究極のエコテクニック
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
9V電池が何回も使える006P型充電池がオススメ
マンガン電池なら100円ローソンがオススメ!
乾電池をホムセンで買うならカインズかコーナン

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。