ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さくらももこ追悼企画 9月15日(土)劇場版『ちびまる子ちゃん』地上波初放送!ゲスト声優の中川大志「一生の宝もの」

フジテレビは、9月15日(土)夜9時から放送される土曜プレミアムの番組内容をさくらももこ先生追悼特別番組に変更。2015年公開の劇場版第3弾『映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』をノーカットで地上波初放送します。

『映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』は、テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』放送25周年を記念して作られた作品。原作・脚本をさくらももこ先生が担当し、まる子と世界の子どもたちとの心温まる出会いと別れを描いた本作は、普段の『ちびまる子ちゃん』では見ることが出来ない、映画ならではの笑って泣けるストーリーとなっています。

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e5%86%992 %e5%a0%b4%e9%9d%a2%e5%86%993

また、まる子と仲間たちが大阪・京都へ旅行に出かけるストーリー、豪華ゲスト声優陣など見どころも盛りだくさん。


ゲスト声優として参加した中川大志さんは、「レギュラー声優の皆さんと一緒のアフレコは、『ちびまる子ちゃん』の世界観と同じくアットホームな現場でした。その経験は一生の宝もの」とコメントしています。本作でのまる子のお姉ちゃんの声は、2016年に亡くなられた水谷優子さんが担当しています。

さらに、オープニングからエンディングまで、さくら先生自身が作詞を手掛けた楽曲にも注目。


歌唱を担当した大原櫻子さんは、さくら先生の訃報が流れた際、「『君を忘れないよ』の作詞を初めて読んだときは、涙がホロッと出てきました。この曲を歌えるんだと嬉しく思っていました」と当時の気持ちを語っていました。

そして映画公開当時、さくら先生は「皆様の温かい御声援に支えられちびまる子ちゃんはアニメ25周年を迎えました。感謝の気持ちでいっぱいです。心を込めて映画の脚本を書きました。笑いあり涙あり、切なさありの25年目のちびまる子ちゃんを楽しんでいただけたら嬉しいです」とコメントを寄せました。さくら先生の思い入れも深い作品をぜひテレビで楽しみましょう!

なお、放送を予定していた映画『ジャックと天空の巨人』は、放送日が決定次第、番組ホームページ等でお知らせするそうです。

■番組概要
タイトル:土曜プレミアム さくらももこさん追悼特別番組
『映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』

放送日時:9月15日(土)午後9時~11時10分
<あらすじ>
世界の5カ国からやってきた子どもたち。花輪くんからのお願いで、みんなの家に外国の子どもたちがホームステイすることに。イタリアからやってきたアンドレアが、まる子の家でホームステイすることが決まったからさあ大変! 学校での授業にも参加したり、週末には清水の町を飛び出して、みんなで大阪や京都へと出かけることに。
花輪くんが提案する京都チーム。なぜか大阪に行きたがるアンドレア、その意見に賛成する野口さんや、食い倒れたい小杉君たちのいる、まる子チーム。果たして、まる子たちの旅のてん末やいかに! 世界の子どもたちとまる子たちの間にいったい何が起こるのか!

<声の出演>
まる子:TARAKO
おじいちゃん:島田 敏
お父さん:屋良有作
お母さん:一龍斎貞友
おばあちゃん:佐々木優子
お姉ちゃん:水谷優子
ナレーション:キートン山田

<ゲスト声優>
アンドレア:中川大志
シン:劇団ひとり
ネプ:パパイヤ鈴木
ジュリア:渡辺直美
シンニー:ローラ

<スタッフ>
監督:髙木 淳
原作・脚本:さくらももこ
オープニング曲:「おどるポンポコリン(映画スペシャルバージョン)」大原櫻子(ビク
ターエンタテインメント)
挿入歌:「キミを忘れないよ」 大原櫻子(ビクターエンタテインメント)
エンディング曲:「おーい!!」 ウルフルズ(ワーナーミュージック・ジャパン)

<テレビアニメちびまる子ちゃん公式サイト>
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/maruko/

(C)2015 さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナ
ーズ 読売広告社 FNS27社

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy