ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NASA、氷床融解を調査する最先端レーザー衛星を間もなく打ち上げ

今年の猛暑で地球温暖化を痛感した人は多いだろう。気温上昇により南極の氷床の融解も起こっていて、これは海面上昇という大きな問題につながる。

いま氷床の状態はどうなっているのか。それを調べるためにNASA(米航空宇宙局)は最新鋭のレーザー機器を搭載した衛星を米カリフォルニア州のヴァンデンバーグ基地から現地時間9月15日午前に打ち上げる。

・氷の厚さもわかる

今回搭載するレーザー機器は「ICESat-2」。名称から想像がつくように後継機で、初代は2003年に打ち上げられ2009年まで運用されていた。

前回の調査では、グリーンランドや南極の沿岸部を覆う氷床が消えつつあることなどが明らかになったが、今回の衛星では、氷床の融解の進みと、氷床融解により海面がどれくらい上昇するのかなどを調査する。また、氷河の状態や、海氷の厚さなども調べる。

・70センチ間隔で観測

その際使われるのが最先端のレーザーで、初代ではレーザーは毎秒40パルスだったのが、今回は1万パルスと大幅に増え、しかも1つのレーザーが6つのビームにわかれる。また、レーザーそのものも高速化するなど大幅に性能がアップしている。

これにより、あらゆる地形でのデータ収集ができ、70センチ間隔で観測が可能なのだという。

ICESat-2の運用は3年間の予定となっている。ICESat-2がとらえた詳細なデータを分析することで、地球温暖化に歯止めをかけられるようになることを期待したい。

NASA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy