ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NMB48磯ちゃんの「トライアスロンってなんだろう!?」撮影の裏側に潜入してきた。(前編)

NMB48磯ちゃんが、CHINTAIチャレンジ応援リポーターに就任!

人気アイドルグループ・NMB48メンバーの磯ちゃんこと磯佳奈江さんが、9月16日(日)に千葉県で行われる「九十九里トライアスロン2018」のCHINTAIチャレンジ応援リポーターに就任した。NMB48メンバーの磯ちゃんこと磯佳奈江さん

NMB48・チームMの副キャプテン・磯佳奈江さんプロフィール

磯佳奈江(いそ・かなえ)1993年8月9日生まれの25歳。身長は151cm。出身地は茨城県。将来の夢は女優さん。こう見えて、サッカーの全国大会に2度出場し、全国ベスト8になった経歴を持つスポーツウーマンである。もちろん特技はサッカー。九十九里トライアスロン2018とは?

九十九里トライアスロンは、千葉県九十九里海岸で開催される日本最大規模のトライアスロンレース。貴重な都心近郊の開催であり、九十九里の雄大なビーチサイドという最高のロケーションを舞台にレースを楽しめる。会場では各種イべントの他、ハマグリの網焼きや地元の特産物を味わえるとのこと。

CHINTAIは今年で三度目の大会協賛となる。今回は磯ちゃんが応援リポーターに就任することになり、まだトライアスロンを知らない方や興味はあるが踏み出せない方など、幅広い世代にトライアスロンを知ってもらえるよう伝えてくれることになったのだ。トライアスロンショップ「アスロニア」に潜入!

磯ちゃんのリポートの模様は大会関連サイト等に動画でアップされることになっており、今回はその裏側を取材した。

この日、磯ちゃんは大会前にトライアスロンの魅力を知るために、日本でも有数のトライアスロンショップである「アスロニア」に潜入。もちろんこの潜入した様子も動画でアップされることとなっている。トライアスロンショップ「アスロニア」の店頭に立つNMB48の磯佳奈江さん

今日はこちらにお邪魔します!アスロニアについて

トライアスロン競技に関する情報を共有できるトライアスロンショップ。店内には、細かいディティールや機能に拘ったアスロニアオリジナルを始め、国内外の優れた商品を厳選して並べている。トライアスロンのスクールやトレーニングルーム、ロッカー、シャワーを備えたトライアスリートのための総合的なクラブハウスだ。トライアスロンショップ「アスロニア」の店内

渋谷区・千駄ヶ谷の住宅街に店を構える

ディレクターから、本日の撮影スケジュールの説明を受ける磯ちゃん。真面目な様子が表情で伝わってくる。「トライアスロンってなんだろう!?」撮影前のNMB48・磯佳奈江さんの様子

本番5分前!

――緊張はしていないんですか?

NMB48・磯佳奈江さん

「めっちゃ緊張しています! ひとりで行うリポートのお仕事は初めてなんです。実は最初、店舗の前の撮影で自己紹介を間違えちゃって。自分の名前を言うことすら忘れちゃってるくらいドキドキしてるんですよ……」

――緊張してる磯ちゃん、可愛い。「トライアスロンってなんだろう!?」撮影中のNMB48・磯佳奈江さんの様子

TAKE2はなんなく成功!

ということで、磯ちゃんの初めての“ひとりリポート”がスタート。初めはアスロニア店員の谷上さんに「トライアスロンとはどんなスポーツなのか」について説明を受けることに。「トライアスロンってなんだろう!?」撮影中のNMB48・磯佳奈江さんの様子

トライアスロンは、走る、泳ぐ、自転車の3つのスポーツを行う競技である。

トライアスロンについていろいろ説明をしてくれた谷上さん。詳しく聞くとなんとこの方、実はプロのトライアスロン選手でもあったのだ。谷上さんは、九十九里トライアスロン2018にも出場する予定だそう。「トライアスロンってなんだろう!?」撮影中のNMB48・磯佳奈江さんの様子

これには磯ちゃんもマジでびっくり。

NMB48・磯佳奈江さん

「驚きました! 谷上さん、私の年齢の2コ下なのに、そんなハードなスポーツをやられているなんて……。私は水泳が苦手なので、見習いたいです。いつか25mを泳げるようになりたいなって小学生の頃からずっと思っているんですよね……」

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。