ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

飲ま飲まイェイ! 伝説の空耳ソング『恋のマイアヒ』さらにノリノリになって復活

Print

マイアヒ~、マイヤホ~、ノマノマイェイ!

妙に心地の良いメロディに空耳ワードが散りばめられ、何語かわからないけど思わず口ずさんでしまうO-ZONE(オゾン)の『恋のマイアヒ』(初リリースは2003年)。日本でも大ブームを巻き起こした伝説の空耳ソングが、平成最後の夏によみがえった!

Dan Balan – Numa Numa 2 (feat. Marley Waters)(Youtube)
https://youtu.be/jKcBZlPHC3o

O-ZONEの中心メンバーだったダン・バランが『恋のマイアヒ』発売から15年という節目の年にアニバーサリー“マイアヒ”を発売。『恋のマイアヒ2018 ~ノマノマ・ダンス』として9月12日より全世界でリリースされた。おなじみのサビはそのままに、新たにノリノリのラップを追加。ウガンダの子どもたちが驚異的なダンスを披露しているミュージックビデオも必見だ。

なお、ダン・バランは9月17日(月・祝)に放送される『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』(テレビ朝日)への出演が決定。13年振りに『恋のマイアヒ』を披露する予定だ。「飲ま飲まイェイ」が脳内リピートしまくった世代はもちろん、新世代のキッズやティーンたちも虜にしちゃいそうな予感。当時は楽曲から派生したパラパラダンスやFlashムービーが流行したが、今回は果たして……。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき