ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気コンテンツ『ヒプノシスマイク』スマホゲーム化発表にファン大荒れ!「ソシャゲに疲れて流れたのに」

キングレコードが展開する男性声優ラップバトルプロジェクト『ヒプノシスマイク』が来年2019年にスマートフォン向けゲーム化することが発表され、阿鼻叫喚となっている。

『ヒプノシスマイク』(略称、ヒプマイ)は、昨年2017年秋より展開がスタートし、今年8月に配信されたニコニコ生放送は視聴者数30万人を突破、8月26日に行われた2nd LIVEは即完、ライブビューイングも劇場が限られていたため、チケットが争奪戦になった今一番の旬コンテンツだ。

『ヒプマイ』の成功の鍵となったのは、ヒッポホップ界を牽引するプロたちが提供する楽曲の良さはもちろんだが、CDで展開しているというところ。

現在、次々とアプリゲーム発信の新規コンテンツが発表されているが、数が膨大になってきており、気軽に手を出せるもののプレイする時間が必要となるため、オタクたちに「ソシャゲ疲れ」「スマホゲーム疲れ」が起こり始めている。

そんな中、『ヒプマイ』はCDを聴けばキャラの関係性やストーリーが把握できるので、一気に二次創作などの広がりをみせ、急激なファン増加に成功した。

しかし、ここにきてスマホゲーム化(リズムゲーム予定)の発表に、SNSでは、

・ヒプノシスマイクのこと ソシャゲに疲れたオタクの墓場だと思ってた

・ゲームが苦手過ぎて今まで全ての旬ジャンルを横目でスルーしてきたのに、好きなジャンルが突然何の前触れもなくゲーム化してしまった

・ソシャゲになることの何がこわいって、今までCD買えばみんな一律の情報を得れていたのが、カードにストーリーとかついてたら持ってないカードのストーリーはわからなくて、情報格差が生まれていくことですね……

・ソシャゲから始まったジャンルにどっぷりはまれないのは、「やらないとストーリーが読めない」「課金するか寝る間を惜しまないと限定ストーリーが読めない」からで、社会人にはマジできつい…

・ソシャゲ疲れしてるフォロワーが軒並み「ヒプマイくんはソシャゲにならないと思ってたのに…」って落ち込んでるのある意味すごいジャンルだよ

・ソシャゲに疲れた子がCDジャンルに行ったのにソシャゲに戻されて気の毒すぎる……

・ゲームから逃げたヒプマイの女がゲームに再び戻されるの自由を求めた逃亡先が強制収容所だったみたいな趣きある

・みんなソシャゲに故郷を燃やされたのかってくらい闇を抱えてるな

といった、戸惑いの声と哀れみのコメントが多数あがっている。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy