ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、お馴染みのオープニング・クロールは不採用か
  • “オカルト否定派”学者は超常現象を解き明かせるか? 心霊検証ホラー『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』日本公開[ホラー通信]
  • デイジー・リドリー、ヤングアダルト小説『混沌の叫び』の映画版に主演へ
  • ガイ・リッチーはガジェット音痴?『キング・アーサー』インタビュー「ファンタジーとユーモアの融合がチャレンジだった」
  • 【編集部訪問】ムカデリーダー・北村昭博さんと純国産“ムカデ人間”を作ったぞ! あの名場面も完全再現[ホラー通信]
  • 限定グッズやコラボカフェも!? 映画公開記念『Roppongi Hills meets Moomins』開催決定 [オタ女]
  • 【独占記事】クロエ・モレッツが映画『The Little Mermaid(原題)』で人魚姫に
  • アン・ハサウェイ、ジェニー・モーレン原作の小説『Live Fast Die Hot(原題)』の映画版に主演へ
  • 許斐 剛「“テニプリ”が世界に通じるコンテンツだということを知らしめたい」『新生劇場版テニスの王子様』2020年公開!
  • 「Q-pot.」デザイナー・ワカマツ タダアキ氏に聞く『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の魅力[オタ女]
  • 2017年に公開される期待の映画(上半期)
  • 『君の名は。』旋風がワールドワイドに!? 台湾で歴代邦画興行1位に
  • クリストファー・ノーラン、映画『Dunkirk(原題)』の撮影をフランスで開始
  • 福満しげゆき『生活』が実写化! 東出・窪田・小松・鶴太郎が挑む『ヒーロマニア』特報
  • 「トンデモ設定だけど泣ける」奇跡の映画『スイス・アーミー・マン』ルーツは『もののけ姫』だった?[ホラー通信]
  • 思春期の複雑な心と現代の家族像を映した映画『鉄の子』 初日舞台挨拶レポート

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Netflix配信中『好きだった君へのラブレター』でヤクルトに脚光!? 「近所のスーパーで売り切れに」「自分の国でも配達している」

yakult_movie_01

Netflixで配信している映画『好きだった君へのラブレター(To All the Boys I’ve Loved Before)』のワンシーンにヤクルトが登場。ネットで話題になり、ブルームバーグでは調査会社のコメントとして、映画のリリース後に『Twitter』での言及が急上昇し、株価が約2.6%上昇したと報じています。

yakult_movie_02

シングルファーザーに育てられた恋に夢見がちな女子ララ・ジーン(ラナ・コンドル)が、出すつもりのなかったラブレターが何者かによって送られてしまったというラブコメディ。そのうちのひとり、ピーター・カヴィンスキー(ノア・センティネオ)が、ララと妹のキティ(アナ・キャスカート)を学校に迎えに来るシーンで、キティが持っているドリンクに興味を持ちます。「それ何?」と訊くと、キティは「コリアン・ヨーグルト・スムージ」と答え、受け取ったピーターは一口飲んで「美味しいな」と唸ります。

ララは韓国系アメリカ人(演じるラナ・コンドルはベトナム生まれ)。そのため家に韓国の健康飲料があったということなのでしょうか。ヤクルトは日本以外では26ヶ国・地域で展開しており、韓国ではプロ野球の公式スポンサーになっていて認知度が高く、ヤクルトレディーによる配達も行われています。

ネットでは、「近所のスーパーで売り切れていた」「いきなり手に入りづらくなったのはこのせいか!」といった報告が続出していたほか、「韓国じゃなくて日本発のドリンクだろ」という指摘や、「自分の国でも配達している」「ランチで飲んでいる人が多い」という声がシンガポールやフィリピンといった東南アジア、イギリスなどの欧州圏から多く寄せられていました。

「ピーターのせいで売り切れになる!」といった悲鳴も上がっていたヤクルト。今作でノア・センティネオはティーンを中心に人気急上昇中ということもあり、ヤクルトを飲みながら視聴してみるというのもよいかもしれません。

『好きだった君へのラブレター』(Netflix)
https://www.netflix.com/title/80203147 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。