ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京セラ、Android 4.0搭載スマートフォン「Hydro」、「Rize」を米国で発表

京セラが現在米国で開催中の無線通信関連のイベント「CTIA Wireless 2012」でAndroid 4.0(ICS)を搭載するスマートフォン2機種を発表しました。今回発表されたのは、IPX5/X7相当の防水性能を備えるフルタッチ型の「Hydro」(上図左)、QWERTY配列の4行キーボードを搭載するスライド型の「Rize」(上図右)。「Rize」には防水性能はありません。フォームファクターが異なるだけでスペックはほぼ同じのようです。ディスプレイは3.5インチ(解像度480×320ピクセル)のIPS液晶ディスプレイ、プロセッサはSnapdragon S2 MSM8655 1GHz、RAM容量は512MB、内蔵ストレージの容量は2GB(ROM)、microSD/microSDHCに対応します。カメラは背面に320万画素CMOSを搭載。フロントカメラは非搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、EV-DO Rev A/1x Advancedに対応。バッテリー容量は1,500mAh。「Hydro」の本体サイズは4.53×2.44×0.50インチ、質量は4.16オンス。「Rize」の本体サイズは4.45×2.38×.56インチ、質量は未公開。発売時期や投入キャリア、価格などは未発表。どちらもCDMA端末で、これまでZio、Echo、Milanoなど複数のAndroidスマートフォンを投入してきたSprintには投入するんじゃないでしょうか。Kyocera Hydro

Kyocera Rize

Source : Android Central



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、5月15日午前10時より「au発表会 2012 Summer」を開催
「Xperia sola MT27i」開封の儀
LTE版Xperia ionは6月に発売?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。