薬剤師の仕事内容を徹底解説!仕事のやりがいやメリットは?

access_time create folder生活・趣味
薬剤師の仕事内容を徹底解説!仕事のやりがいやメリットは? 薬剤師 ドラッグストア 薬局 バイト フロムエー 薬剤師 ドラッグストア 薬局 バイト フロムエー

病気を抱える患者さんの治療を、薬の 調剤や服薬指導で支える薬剤師。薬剤師は幅広い知識を持った薬の専門家です。一般的に調剤のイメージが強い薬剤師ですが、その業務内容や役割は職場により異なってきます。ここでは、薬剤師の職場ごとの仕事内容ややりがいなどについて紹介していきます。

【目次】

薬剤師になるには

薬剤師 ドラッグストア 薬局 バイト フロムエー

薬剤師になるには、大学の薬学部を卒業し、薬剤師の国家試験に合格する必要があります。薬学部は6年制 (4年制もありますが国家試験の受験資格を得られない)になっており、実に幅広い知識を身につけます。薬剤や薬理など薬に直接関係する知識のほか、物理・化学・生物などの知識、病態・薬物治療、そして衛生や法規・制度・倫理といった、薬剤師として必要な勉強をしていきます。国家試験に合格すると、医薬品の専門家としての仕事が始まります。

 

薬剤師の仕事とは

薬剤師 ドラッグストア 薬局 バイト フロムエー

薬剤師の主な仕事は、以下の3つです。

・「調剤」

・「服薬 指導」

・「薬の販売」

医師が出した処方箋に基づいて薬を調合する「調剤」、患者に薬を出す際に行う「服薬指導」、そして「薬の販売」があります。調剤では医師の指示による薬の調合を行いますが、医師が指示した処方箋が、その患者に適合するのか、他の薬との飲み併せはどうかという確認も行います。これは、医薬分業という考え方のもと、医師と薬剤師がそれぞれ薬剤を確認することによって医療ミスを防ぎ、患者にとって適切な薬を処方することの助けとなります。実際に患者に薬を手渡す際には、調合した薬剤師とは別の薬剤師が確認をすることになっており、二重三重の確認作業が行われています。薬剤師は薬のスペシャリストとして、事故を起こさせない緻密な業務を行っているのです。

 

職場別の薬剤師の仕事内容

薬剤師 ドラッグストア 薬局 バイト フロムエー

調剤薬局

調剤薬局では、調剤業務・服薬指導・薬歴の管理など、個々の患者に寄り添った薬の管理を行います。複数の薬剤師による連携が必要で、実務とともにチームワークが重要な職場といえます。ドラッグストアもまた、薬のスペシャリストである薬剤師の知識を十分に活かすことができる職場です。

ドラックストア

一般的なドラッグストアでは市販品である一般用医薬品の販売を行います。種類によっては薬剤師でなくても販売できる薬もあります。 しかし、ドラッグストアでも、副作用に注意しなければならない薬の販売や、薬剤に関する知識を活かせる相談業務の他に、調剤室併設の場合は、調剤業務・服薬指導・薬歴の管理を行います。

製薬会社

薬剤師の活躍の場は製薬会社にも広がります。製薬会社では医師へ薬に関する最新情報の提供、新薬の開発(創薬)などが行われます。治験の際には、被験者のスケジュール管理や治験の検証を始め、モニタリング・報告書の作成・記録の保存・薬の品質管理などが必要です。薬剤や薬理・病理など医薬全般に関する知識を持つ薬剤師が、それらの業務を担うことがあります。

 

薬剤師のやりがいやメリットとは?

薬剤師 ドラッグストア 薬局 バイト フロムエー

スキルアップをのぞめる

調剤薬局勤務の場合、多くの薬剤を調剤することにより、調剤のスキルを磨くことができます。これはキャリアになり、また知識の増幅にもなります。転職や再就職をする際には、大きな武器になることでしょう。

感謝されやすい

患者に寄り添い、患者の目線にたった薬剤のケアができることから感謝されることが多々あります。患者の自宅を訪問したり、病院内の病棟で仕事していたりするので、人の役に立っていることを自覚でき、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

業務を再開しやすい

女性の場合、結婚・出産などで職場を離れることがあっても、資格があればいつでも業務を再開しやすいメリットもあります。薬剤師の給与は高めなので、生活の安定にも寄与します。

最新の薬剤情報に触れられる

製薬会社勤務の場合は薬の最前線で働けるため、最新の薬剤情報に常に触れるチャンスがあります。業務に活かしたり、業務提案をするなど、仕事を充実させることも可能でしょう。

ライフステージにあった働き方がしやすい

薬剤師は、正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員など人生のステージによって働き方を変えやすい職種です。働き方や働く期間など、自由に変えることができるのも、薬剤師のメリットといえます。

 

職場によって仕事内容は異なるもの

薬剤師の職場は、薬局だけではなく身近なドラッグストアなどにも広がり、仕事の幅は広がりを見せています。

医師の指示によって薬を調剤する調剤薬局、薬に関する深い知識を活かした相談業務ができるドラッグストア、最新の創薬業務に関わることができる製薬会社と、薬剤師の仕事内容も職場によって求められる役割が違ってきます。

どの環境で業務を行うかによって積めるキャリアも変わってきます。薬剤師としての基礎を積むためにまずは調剤業務、製薬企業に一定期間身を置いてから個人で開局、あるいは調剤薬局への転職など、 さまざまなキャリアの磨き方があります。ライフステージにあわせた働き方も比較的しやすい職種なので、自分にあったキャリアプラン、ライフプランにそって働き方を考えていくといいでしょう。

 

監修:輿水 秀之

 

関連記事リンク(外部サイト)

介護業界の仕事内容とは?介護福祉士、介護助手、ケアマネジャーまで紹介
ドラッグストアで働きたい!志望動機のポイントからNG例まで
俳優、岩永徹也インタビュー 「物おじせず自分を開花させる場所、才能を発揮できる場所を作ってほしい」

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味
fromA(フロム・エー)しよ!!

fromA(フロム・エー)しよ!!

“学生生活がもっと楽しくなるお役立ちマガジン” をコンセプトに、ニュースやコラムをお届け。バイトの探し方、履歴書の書き方、面接のコツなどのノウハウ情報や、インタビュー記事、おもしろコラムを配信中。

ウェブサイト: http://www.froma.com/contents/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧