ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“がんばろう広島”!広島県三次市が銀座で観光物産フェアを開催


7月に西日本で発生した豪雨災害に対して何らかの支援をしたいと思っている人は、東京にも多いのではないだろうか。

9月1日(土)・2日(日)の2日間、東京・銀座にある「ひろしまブランドショップTAU」で、広島県北部に位置する三次市が「DISCOVER MIYOSHI 観光物産フェア」を開催する。

会場では、広島が誇る秋の味覚「三次ピオーネ」を販売。大粒の黒真珠を思わせる果粒、甘くて上品な香り、とろけるような甘さで、「黒い真珠」とも言われている高級フルーツだ。


鮮魚コーナーでは、山間部ならではの郷土の味「ワニ」を限定販売。「ワニ」とはサメのことで、三次地方では古くから「ワニ」を食べる習慣があり、傷みにくい「ワニ」は山間部で食べられる貴重な魚として重宝されていたとか。今なお、郷土のおもてなし料理として親しまれている。

また、9月1日(土)には、広島三次ワイナリーの太田醸造長による「TOMOÉワインを楽しむ会」を開催。三次ならではの食材を使用した料理とワインとのマリアージュが楽しめる。会費は、第1部3000円、第2部5000円。予約は、3階の「MERI Principessa(メリプリンチペッサ)」にて電話で受け付けている。

その他、三次の特産品販売や、三次市に来春開館予定の「日本妖怪博物館」のキャラクターグッズの販売なども行われる予定。会場では来場者へ募金の呼びかけも行われる。

普段なかなかボランティアには行けない、という人も、この機会にぜひ広島を応援しよう!

■「ひろしまブランドショップTAU」
住所:中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。