ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

フカシギミックがみんなの架け橋になる?Live Musical「SHOW BY ROCK!!」稽古場に潜入!

8月30日から上演される『Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―』の開幕が目前に迫る中、稽古場にお邪魔してきました! ほぼ全キャラクター総出演となるシーンの稽古の様子や、フカシギミックの3人のインタビューをお届けします。

舞台上でわちゃわちゃしている印象の強いシンガンメンバーですが、稽古場でもいろいろなパターンを試していく4人。メインで会話しているステージの端で気になることをしているシンガンのノリが、ここで作り上げられていきます。

毎回息の合ったアドリブを繰り広げ、最終的にどのパターンが良かったか意見を交わす場面も。メイプル社長役の今 拓哉さんも若手役者たちにさり気なくアドバイスしながら、全体をサポートしています。

今回、フカシギミックがミュージカルに初参戦するということで、お笑い要素が強めになるのかと思いきや、これまで同様、熱いストーリーの核を持ったシンガンクリムゾンズの絆に関わる物語になりそう。

また、これまでよりもアンサンブルキャストを活かした演出が盛り込まれ、より舞台作品らしい印象を受けるシーンも登場するので注目です。どんな全体像になるのか楽しみ。

そして、フカシギミックが「未練リフレイン」を披露するバンドシーンではクロウもノリノリになるという演出ですが、3人の本当に楽しそうなパフォーマンスに、稽古場の温度も上がったように感じました。フカシギミックも最高の予感……!!!

フカシギミック以外のキャストたちも、稽古の合間に歌詞を口ずさみ、彼らの曲をとても気に入っている様子が伺えました。

さらに、6月のフェス公演を観た人には嬉しい、あの曲が再び聴けるかも。

兄貴肌の先輩が多くて年下はしっかり者!どこにいても安心できるカンパニー

フカシギミックを演じる健人さん、畠山 遼さん、吉村駿作さんにお話を伺いました!

――初参戦になりますが、フカシギミックは少し複雑なキャラクターですよね。

吉村:僕が演じるシャッキーだけわかりやすいですね。元々の設定が2人が謎めいているんですよ。2人は何族でしたっけ?

畠山:僕が演じるゲ・フロッチは、ウッソウフクロウ族の由緒正しいキツネ男です。

吉村:おかしいですよね、自分でフクロウ族って言っているのにキツネ男って。

健人:僕が演じるマロは、自分のことをカニと信じてやまない、カニカマ工場生まれのクラカニボコカマ族。

吉村:僕だけ、ワロワロシャチ族のただのシャチなんです。そういう意味では一番わかりやすいです。

畠山:そして僕たちは格闘道場で修行しているんだけど、ミュージシャンを目指している。

吉村:シャッキーはお笑い好きなのに、なぜか道場破りをしに来たやつみたいになっていて、巻き込まれてドラムをやらされています。

――フカシギミックはダジャレをよく言うイメージですが、本編でもダジャレが飛び出すのでしょうか?

畠山:それは健在ですよ。そして、突っかかってくるシャッキーがいて、シャッキーがボコボコにされるという一連の流れがあります。マロはひたすら可愛い。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき