ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

縦型マウスって何だ!? ロジクールが筋緊張と手の動きを低減する『ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス』を9月20日に発売へ

縦型マウスって何だ!? ロジクールが筋緊張と手の動きを低減する『ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス』を9月20日に発売へ

ロジクールは8月27日、同社で初となる縦型マウス『ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス』(以下『MX Vertical』)を9月20日に発売することを発表しました。価格は1万2880円(税別)。

logicoolmxv2 logicoolmxv3 logicoolmxv4

従来型マウスを57°傾けたような形状が特徴。握手するようにマウスを握り、親指は土台のサムレストに置いて使うことで、従来型マウスと比べて10%、筋緊張を軽減できるとのこと。

logicoolmxv5

最大4000DPI(Dot per Inch)の光学センサーを搭載。1インチ(25.4mm)の操作に対して4000ドットのマウスカーソルの移動に対応でき、1000DPIの従来製品と比べて手の動きを4分の1に低減することが可能。

logicoolmxv6 logicoolmxv6b

USB-Cケーブルで充電し、1分間の充電で3時間、フル充電の状態では最長4か月の長時間使用が可能。マウス1台を3台のデバイスにペアリングして、ボタンひとつで切り替えができるEASY-SWITCH機能に対応します。

logicoolmxv7 logicoolmxv8

Logitech International社のGlobal Product Manager、ラリー・ローリセン氏は開発の背景として、コンピューターユーザーの57%が手のひらや手首、前腕に不快感や痛みを感じた経験があり、12%はその不快感や痛みに日常的に苦しんでいるという調査結果を提示。

logicoolmxv9 logicoolmxv10

職人が手で彫った木型を用いてデザインを検討し、3Dプリンターで出力したプロトタイプを用いて筋活動や負担、ユーザーの姿勢を測定するテストを繰り返したという開発工程を解説しました。発表会場には、木型やテストに用いられたサンプルがズラリとそろい、試行錯誤を繰り返して現在の形状が完成したことがうかがえました。

logicoolmxv11 logicoolmxv12 logicoolmxv13

発表会には、理学療法士でキネティックアクト代表取締役の岡崎倫江氏が登壇。従来の手のひらを下に向けて操作するマウスでは、ユーザーが肩を前に突き出したり、ひじが開いたり、猫背になる姿勢の変化があるのに対して、『MX Vertical』では首や肩、手首への負担が少ない姿勢で作業できると説明。右手首の小指側の付け根にある豆状骨と三角骨部を支点にして、手のひら全体で包むように持つ持ち方が最も負担軽減に効果があるそうです。

logicoolmxv14

9月29日からは、ハーマンミラージャパンとコラボレーションキャンペーンを開始。ハーマンミラージャパン代表取締役の松崎勉氏から、同社ショールームや販売代理店での『アーロンチェア』購入者全員に、ハーマンミラーロゴ入りの『ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス』を無料で提供することが発表されました。

『ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス』仕様
サイズ:78.5×79.0×120mm
重量(電池含む):135g
本体カラー:グラファイト
トラッキング方式:ハイプレシジョントラッキング
解像度dpi:400-4000dpi、50dpi刻みで設定可能(デフォルト値:1000dpi&1600dpi)
総ボタン数:6
スクロールホイール:有
使用電池:内蔵充電式リチウムポリマー電池
電池寿命:最大4か月
操作距離:約10m
無線方式:アドバンス2.4GHzテクノロジー、Bluetooth
保証期間:2年間
接続I/F:USB

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。