ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TBS宇垣美里アナウンサーが『まどマギ』コスプレの反響を語る 『極妻』コスにも意欲!?

sunjapo_tbs

8月10日から12日の3日間、東京ビッグサイトにて開催されたコミックマーケット94。

有名・無名を問わず毎回さまざまなコスプレイヤーたちがSNSを通じて注目されるが、今夏の話題をかっさらったのが、密かにコスプレ姿を披露していたTBSの宇垣美里アナウンサー。12日放送の『サンデー・ジャポン』の取材のため会場に足を運ぶと、自ら『魔法少女まどか☆マギカ』に登場する鹿目まどかのコスプレをして視聴者を驚かせた。

14日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に火曜パートナーとして出演した宇垣アナウンサーは、番組冒頭でメインパーソナリティのライムスター・宇多丸さんに「アツい。何がアツいって宇垣さんがですよ」と水を向けられると、「バズってる~(笑)」と反応。

本格的なコスプレは初挑戦だったといい、「コスプレはとっても楽しかったです。やっぱり自分じゃない誰かになるっていうのが、すごく好きなんだなと思いました」とコメント。

「ソウルジェムごっちゃごちゃに濁りきってると思うんですよね、自分」といったお馴染みの“闇発言”も挟みつつ、「眉毛の色とか……、(衣装の)サイズが全部大きめだったので、もうちょっと詰めたかったなとか、ネックレスが足りなかったなとか、いろいろ反省してます」と、作品やコスプレへの情熱が垣間見える言葉で振り返っていた。

「今後もっと(コスプレを)やってみたいと思いました」「『極道の妻たち』やりたいです。絶対できるよ、私」などとさらなる意欲を見せていた宇垣アナウンサー。リスナーからは次回の冬コミケへの参加を期待する声が集まっている模様だ。

※画像は『Twitter』(@sunjapo_tbs)より引用

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。