体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「りぼん」とベルメゾンがコラボ!池野恋、岡田あ~みんらのふろくや作品イラストがグッズで蘇る!

 株式会社千趣会が運営する通販サイト「ベルメゾン」が、集英社の漫画雑誌「りぼん」で1970年代半ば~80年代に活躍した4人の漫画家(陸奥A子、萩岩睦美、池野恋、岡田あ~みん)による当時のふろくや作品のイラストとコラボレーションした雑貨・文具等全15アイテムを8月10日(金)に発売開始しました。少女時代のときめきが戻ってくる……!!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 少女漫画全盛期だったあの頃、教室でこっそり回し読みして休み時間に友人と好きなキャラでキャッキャと盛り上がっていた甘酸っぱい思い出が一気に蘇ってきそうなラインアップ。当時の漫画雑誌は今に劣らず付録も充実。おそろいの付録グッズを持つのが少女の間で流行ったりもしたものです。そんなラインアップの一例を挙げますと、

 池野恋先生「ときめきトゥナイト」1987年2月号の付録を復刻した、トランク風クラフトボックス(2490円・税込)や、陸奥A子先生「粉雪ポルカ」のあの絵柄そのままなぺンポーチ(2000円・税込)、萩岩睦美先生のファンタジックな世界観を切り取ったようなアクリルアクセサリースタンド(1990円・税込)、今なお熱狂的なファンに愛されている岡田あ~みん先生デザインのグッズなど、ここでしか手に入らないものばかり。

 他にも、各先生デザインのスマートフォンカバーやモバイルバッテリー、ICカードケースなど今の時代に使える懐かしの絵柄たちが感動モノの懐かしさ。今回の企画では、当時の手描きイラストの画像データやふろく実物からデザインを作成し、商品化を実現したというこだわりの商品に仕上がっています。往年のファンも納得できるクオリティに胸キュンが止まらなくなるはず!

 「『りぼん』感動のコラボ企画」公式サイトでは、各商品の紹介・販売と共に4人の漫画家の直筆メッセージ入りサインも公開中。さらに、1回の注文につき2点以上の購入でWEBキャンペーンに応募した方から抽選で12名に、4人の漫画家によるファブリックパネル(4柄各3名)をプレゼント。これは見逃さない手はないですよね!プレゼントキャンペーンは10月9日までの限定なので、気になる人は要チェックですよ!

参考:株式会社千趣会 2018年8月10日発表プレスリリース

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

海賊版を利用しちゃえ!「マンガ図書館Z」で海賊版サイト撃滅に向けた実証実験を開始
猛暑にそんな装備で大丈夫か?平成最後の夏コミ一般待機列向け装備ガイド
高校の箏曲部を舞台にした「この音とまれ!」TVアニメ化決定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。