ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドが国産空母艦載機の着艦フック試験に成功

インドが国産空母艦載機の着艦フック試験に成功

 2018年8月2日(現地時間)インドの航空機メーカーHAL(ヒンドスタン航空機)は、ゴアにあるハンサ海軍航空基地で、現在建造中の国産空母ヴィクラントに搭載する飛行機の着艦フックの試験を行い、成功させたと発表しました。第二次大戦後の現代海軍において、空母運用に必要な拘束着艦装置の試験を国産機で成功させたのは、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国に続いてインドが6か国目となります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今回の拘束着陸試験は、着艦フックが設計通りの性能を示すかどうかを確認するために行われたもの。インド初の国産空母ヴィクラントに搭載する予定となっている、インドの国産戦闘機LCA(テジャス)の海軍型試作2号機(NP-2)を用い、海軍のダヒヤ大尉が搭乗して実施されました。

 着艦信号士官(LSO)のマオランカル准将らが見守る中、着艦フックを下ろし、通常のタキシング(地上での移動滑走)速度で拘束着艦装置試験設備に進入したLCA海軍型2号機は、無事に最初のトライで着艦フックが着艦ワイヤーをとらえ、機体を停止させることに成功しました。着艦フックは設計通りの耐荷重性能を示し、問題ないことが実証されたのです。

 これに先立つ7月23日には、バンガロール上空で飛行中の着艦フック展開試験にも成功しており、7月28日からハンサ海軍航空基地に移動し、ここの地上試験施設で実際の艦上運用試験に備えた試験を行っていました。すでにスキージャンプ甲板を模した設備を使用した発艦試験も成功させており、空母運用における最大の難関である着艦試験への第1段階を無事に終えたと言っても過言ではありません。

 試験はこれから飛行機の速度を上げ、最終的に着艦フックを使用した拘束着陸を行う予定です。インド初の国産空母ヴィクラントは2015年に進水し、現在2018年12月の竣工を目指して艤装中。就役は2020年10月ごろを予定しています。国産空母で国産艦上戦闘機を運用するのは空母を保有するどの国も実現させてきましたが、インドがその一員に加わるのも遠いことではなさそうです。

Image:Hindustan Aeronautics Limited

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ陸軍のレーザー兵器、1000万ドルの予算で新たな段階へ
C-5Mが全機納入完了・2040年代まで現役続行可能に
アメリカ空軍が新たな軽攻撃機採用に向け2社に基本提案依頼書を提示

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。