体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ど、どくまんじゅう?熱海温泉に新名物「毒饅頭」爆誕

ど、どくまんじゅう?熱海温泉に新名物「毒饅頭」爆誕

 伊豆半島合同会社より、こだわり抜いた国産厳選素材のみで作られた熱海温泉の新名物「熱海温泉 毒饅頭」が2018年8月8日に発売されました。だ、大丈夫なのか……!?

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この「毒饅頭」、ちゃんと食べられる美味しい純国産素材のお饅頭。“毒”と言っても実は薬草の“ドクダミ”の“ドク”だったりするのです。健康に良い素材なのですが、あのクセの強いドクダミをお饅頭に配合するとか、それだけでもなかなかチャレンジャーな気がするのですが……。

 ドクダミは、古来から和漢として解毒をはじめ様々な薬効を持つ薬草として知られており、ドクダミ茶は健康茶としても有名。そんな純国産無農薬のドクダミパウダーと生産量が少なく高価な鹿児島県と宮崎県産の本葛を饅頭の生地に配合し、餡には北海道産の小豆100%のこだわりのこし餡でできた「毒饅頭」は、構想10年、数年間の試作が重ねられたそうです。原料調達の難しさに加えて、ドクダミと生地と餡のバランスが整わず、数え切れない試作と失敗を重ねて、納得できる味になるまでとても時間を掛けているだけの事はあるという仕上がりとなっています。

 そしてこの高級銘菓が入る箱にもこだわりが。三重県の匠が木製品専門製造工場でゆっくり丁寧に製造した最高級の桐を使用した木箱は和の香りが漂います。その木箱の蓋には書道家・武田双雲の書を印字。さらに、大吉が確定した御神籤が桐箱の中に添えられており、熱海温泉の縁起物としてもよろこばれそうですね。

 「熱海温泉 毒饅頭」は税込価格1500円(税別1389円)、熱海温泉のみでの数量限定販売です。

情報提供:伊豆半島合同会社

関連記事リンク(外部サイト)

山梨県北杜市の夏の風物詩「南アルプスの天然水かき氷」 猛暑をうけ昨年比約2倍の売れ行き
桃は柔らかいだけじゃない!パリっと甘い桃も美味しいよというツイートが話題
マクドナルドに「名古屋名物みそカツバーガー」登場?えりゃあ名古屋らしいなも

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。