ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金魚鉢に泳ぐ金魚が可愛いアイシングクッキーが戸惑う程に可愛く美しい

金魚鉢に泳ぐ金魚が可愛いアイシングクッキーが戸惑う程に可愛く美しい

 プロのお菓子職人の中には目を見張るほどの食べられる作品を作り上げてしまう人もいますが、制作歴9か月にして才能を開花したアイシングクッキー職人の作品が見る人の目をことごとく奪ってしまう程に繊細で素晴らしいと絶賛されています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 このアイシングクッキーを紹介したのは、作者の姉である越後屋さん。
「妹の新作。アイシングクッキーを作り始めて9ヶ月。気がつくとクッキー型をデザインして、金型から作るようになってた… 金魚も金魚鉢もデザインしたらすぃ。金魚鉢の中身は飴細工。どこを目指しているのだ。おねいちゃんびっくり」とツイッターに紹介したところ、たちどころに2万8千回近くのリツイートと8万5千のいいねが付き、大きな話題に。見た人からは、「食べるのがもったいなくなりそう」「すごい、美しい!」「創造力と行動力と、それが展開できる舞台すごい」そして購入したいという声も続々とリプライに届いています。

妹の新作。

アイシングクッキーを作り始めて9ヶ月。
気がつくとクッキー型をデザインして、金型から作るようになってた…

金魚も金魚鉢もデザインしたらすぃ。
金魚鉢の中身は飴細工。どこを目指しているのだ。

おねいちゃんびっくり。 pic.twitter.com/aQtlD9QovM

— 越後屋🍖 (@echigo_cos) August 7, 2018

 越後屋さんによると、妹さんはオリジナルの抜型を知り合いにオーダーして作ってもらっているそうで、金魚鉢の抜型や金魚の抜型も作ってもらったものであるという事。この金魚鉢の抜型を使ってクッキーを作って焼き、鉢の中の部分は飴を流し込んで細工を施して仕上げているもの。手のひらサイズくらいの金魚鉢のクッキーの中に、白い玉砂利が敷き詰められてそこに立つ水草と3匹の泳ぐ金魚が再現されています。透明な飴の中に泳ぐ金魚たちと、青色で表現された水紋が何とも涼やかな雰囲気を醸し出しています。
金魚鉢に泳ぐ金魚が可愛いアイシングクッキーが戸惑う程に可愛く美しいオーダー物のクッキー金型とアイシングクッキー

 妹さんは趣味でアイシングクッキーを作り始めてから、その持ち前の器用さでお弁当風のクッキーを作ったり、キャラクターものや鳥や花といったモチーフの物まで見ていて飽きなくなるような作品を次々と作り出しています。
金魚鉢に泳ぐ金魚が可愛いアイシングクッキーが戸惑う程に可愛く美しいお弁当風アイシングクッキー

 これらのクッキー、残念ながら今のところ販売の予定はないという事ですが、妹さんが作ったアイシングクッキーの数々は新たにツイッターアカウント「mokomoko-cookies(@CookiesMokomoko)」を妹さんご本人が開設してそちらに随時掲載していくという事です。制作過程なども追々掲載されるそうなので、気になるという人はぜひチェックしてみて下さいね。

お姉ちゃんのアカウントにクッキーを載せてもらったら、たくさんの方々に褒めていただけました(*´ω`*)💕
ありがとうございます❤️

私の作るアイシングクッキー達を
ボチボチUPしていけたらなぁと思います🍀
(1番のお気に入りは白い水紋金魚ちゃんなのです✨) pic.twitter.com/v0UzYtPPHa

— mokomoko-cookies (@CookiesMokomoko) August 9, 2018

<記事化協力>
越後屋さん(@echigo_cos)
mokomoko-cookiesさん(@CookiesMokomoko)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

オードリー・ヘップバーンもびっくりな「ローマの休日」が話題
「ものもらい」って何て言う?“麦粒腫”について調べた全国マップが興味深い
柴犬が床に落ちまくってる文具店が話題 スヤァな寝顔に常連になりたい人続出

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。