体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エネループ並みの性能を発揮する互換品の充電池

エネループ並みの性能を発揮する互換品の充電池

単三電池の充電式バッテリーといえば「エネループ」。2千回以上も繰り返し使用できるのでふだん使いに適した製品といえるでしょう。一方で、さまざまな充電池がラインアップされる中、Amazonで買える格安中華製品が存在感を示しています。そこで、エネループと格安中華製品の性能を比較してみました。

中華製の互換品をエネループと比較

ニッケル水素充電池といえばエネループですが、昨今では国内外問わず実にさまざまなメーカーから充電池が発売されています。Amazonベーシック充電池の中身がエネループだったりと、パッケージだけを変えたOEM商品もかなりの数に上ります。100円ショップでも充電池がラインアップされるほどです。

ただし、安かろう悪かろうでは困りモノ。充電池の性能は、実際に使ってみないと実力がつかめません。今回は、Amazonで買える格安の中華製の互換品を購入して、その性能をエネループと比較してみました。

比較したのは、まずはパナソニックの「エネループ」。実勢価格は1本あたり247円で、容量は1,900mAhです。enevoltの「エネボルト」の実勢価格は1本あたり185円。容量は2,100mAhとなっています。

エネループの互換品としての性能

このほか、Bonaiの「Bonai」は実勢価格が1本あたり162円。容量は2,300mAhです。POWERAXISの「TYBATT」は実勢価格が1本あたり150円で、容量は1,700mAh。いずれもエネループよりお得に購入できます。

検証方法は、エネループの純正充電器で通常充電。30分のクールタイム後、1Aにて放電を開始しました。1A放電は、モバイル機器での利用を想定しています。各電池ともに無作為に4本抽出、平均結果をグラフにしました。

その結果、放電開始時の電圧はエネループが1.45Vと最も高く、TYBATTが1.40と最も低い数値。Bonaiは初期の降下率が高いものの、20分前後で粘りを見せて後半まで比較的緩やかな放物曲線を描いています。

結論としてはやはりエネループの性能が1番ですが、高出力が不要で長期間利用するならBonaiやエネボルトも安いので、互換品としての性能は十分でしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

アルカリ電池を充電する究極のエコテクニック
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
9V電池が何回も使える006P型充電池がオススメ
マンガン電池なら100円ローソンがオススメ!
乾電池をホムセンで買うならカインズかコーナン

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。