体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】ラーメン評論家「ラーメン二郎はゆっくり食べろ! 早く食べろなんて店の勝手! むしろゆっくり食べようじゃないか」

yukichi7

国民的ラーメン屋といえば「ラーメン二郎」だ。北は北海道から西は京都まで数多くの店舗が存在し、日々、その魅力的なラーメンの味に惚れ込んだラーメン二郎マニア(ジロリアン)たちが店舗に行列を作る。皆さんも、一度くらいは食べたことがあるのではないだろうか。

・早く食べないと怒られる?
しかしながら、「店員さんが怖いらしい」「ルールが厳しいらしい」と思ってラーメン二郎に行けてない人がいるのも事実。特に「早く食べないと怒られる」と思っている人は多いようで、それが原因で食べに行けない人は少なくないという。

・ほぼ追い出されるかたちで店から出た人もいる
確かに、早く食べないと「お客さん残してもいいですよ!」「無理しないで残して」と言われた人は少なからずいるし、なかには厳しい口調で注意され、ほぼ追い出されるかたちで店から出た人もいるといわれている。しかし本当に早く食べないといけないのだろうか? この件に関して、とあるラーメン評論家Z先生は以下のように語る。

ramen-jiro-omiya6
yukichi0

・ラーメン評論家Z先生のコメント
「二郎としては麺を茹でるペースがあるので、ゆっくり食べている客は迷惑なんですよ。でもね、そんなの店の勝手な都合でしょう。お金を払って着席し、ラーメンを食べている以上は、常識の範囲内ならゆっくり食べたっていいんですよ。お金を払って食べている間は、目の前のラーメンと座っているスペースはあなたのものです。店員に「残していいですよ」「無理しないでいいですよ」なんて言われる筋合いはないし、そんなこと私が言われたら殴り合いのケンカですよ。それは私のラーメン! 店員のじゃねえよ! なぜ客が店員にビクビクしながら飯を食わなきゃならないんだ? ゆっくりじっくり時間をかけて食べていいんだよ。それにラーメン二郎にルール知識なしで初めて訪れる人だっているわけで、客にまで「勝手なルール」を押し付けるんだったら、それは店が非常識ってこと。ラーメン二郎だから仕方ないとか、そんな治外法権は存在しない!」

・実際はどうなのか体験してみて
ラーメン二郎の店員だけでなく、客でさえゆっくり食べている客に対して「ちんたら食ってんじゃねーよシャバ僧が!」と心の中で思っているという。しかし、実際はゆっくり食べても怒られないかもしれない。嫌味を言われたり、遠まわしに「残していいですよ」「無理しなくいてですよ」と言って退席させようとしないかもしれない。まずは食べに行って、実際はどうなのか体験してみてはいかがだろうか。

もっと詳しく読む: ラーメン二郎はゆっくり食べても良かった(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/08/09/ramenjiro-yukkuri-news/

※写真はイメージです

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。