ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ホットハウス・アース”は地球の終わりの始まり!? 地球温暖化は「後戻りできない段階」が迫っていると科学者達が警告

8月6日に米国科学アカデミー紀要(PNAS)に一つの論文が掲載されました。論文をまとめたのは気候変動専門の科学者達で構成された国際的な研究チームです。この論文によると、地球全体の気温が2度上昇すると、「ホットハウス・アース(Hothouse Earth、地球の温室化という意味)」という状態になるそうです。


https://twitter.com/CNN/status/1026745022954307584
CNNのツイート。

“ホットハウス・アース”状態になると、地球の気温が産業革命前との比較で4~5度高くなることから各地の氷河や氷山が溶けだし、海面水位が今よりも10~60メートル程度上昇すると想定されています。ちなみに、現在の地球の気温は産業革命前との比較で1度高くなっており、10年毎に0.17度上がり続けているそうです。

今年の日本の夏はこれまでにない暑さとなっていますが、欧州でも異常な暑さを記録しています。ただ、この暑さがいますぐ“ホットハウス・アース”に直結するものだとは科学者達は考えていません。今後1~2世紀の間に“ホットハウス・アース”状態になる可能性は低いとのことですが、地球の温暖化に「後戻りできない段階」が迫っていると警告しています。

地球温暖化による海面水位の上昇から海の上での生活を余儀なくされた人類を描いた映画『ウォーターワールド』や、以前お伝えした水中呼吸を可能にする人工エラとか、もう絵空事ではなくなってくるということですね。

水中呼吸を可能にする人工エラ『AMPHIBIO』 水没した都市に適応する人類の未来の姿
https://getnews.jp/archives/2060467[リンク]

人類は地球上の資源を搾取してきた歴史があるので、地球温暖化に起因する大規模な気候変動は、人類に対する復讐なのかもしれません。“ホットハウス・アース”を避けるには、木を伐採した後は伐採した木と同じ本数だけ植樹するなどして、地球から搾取するだけではなく地球に還元していくことが必要なのでしょう。

※画像:
https://twitter.com/i/moments/1026781339863969792
https://www.youtube.com/watch?v=6Y7CG-dAeRI

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy