機内で電子機器の電源を切るのってなぜ? | プロフェッショナルに聞いてみよう

access_time create folder生活・趣味
機内で電子機器の電源を切るのってなぜ? | プロフェッショナルに聞いてみよう

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はキャビンアテンダントに航空会社に関する疑問を聞いてきました!

 

今回のプロフェッショナル:キャビンアテンダント・Misu

機内で電子機器の電源を切るのってなぜ? | プロフェッショナルに聞いてみよう

Misu

高校の頃初めての海外がブラジルで、その時に優しい男性CAに出会いこの仕事に興味を持つ。就活で色々な航空会社のCAに応募するが、内定できず。GSにも興味があり、そこで内定をもらったので、関空と成田で計4年国際線のカウンターやゲートで勤務。その後バニラエアのCAに内定し、国内と国際線に2年ほど乗務する。

 

質問:機内で電子機器の電源を切るのってなぜですか?アナウンスされる航空会社としない会社がある気がします…

機内で電子機器の電源を切るのってなぜなんだろう…。なんだか危険な感じがするから必ず電源を切っているけど、本当の理由ってなんだろう…?

そこで現役CAのMisuさんに、電子機器の電源について聞いてみました!

 

回答:何かしらの障害が無きにしもあらず…だからです

基本的に日本の航空会社では飛行機のドアがしまったら、電子機器は電波の発しない状態にしてもらうこと(フライトモード)が決まりになっています。飛行機の運行に支障があると断言するものではないが、何らかの障害がなきにしもあらずなのです。

バニラエアでは飛行機のドアが閉まる前にアナウンスで、電子機器をフライトモードにするか電波の発しない状態にして頂くように周知しています。

 

最近ではJALやANAが機内でwifiが使えるサービスを導入していますが、離着陸時は必ず電波の発しない状態にしてもらうことが決まっています。理由は離着陸の際が一番飛行機の事故率が高く、もし電波が集中すると、運行に支障が出る可能性があるためです。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜CA編〜は「CAさんって、現地に着いたら何をしているんですか?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

関連記事リンク(外部サイト)

「何で女の子一人で世界一周したの?」必ず聞かれる5つの質問と私の回答
海外旅行で携帯を使う時に気を付けること
【必読】海外旅行先で被害に合わないために知っておくべき4つの詐欺
海外だと実は危険な5つの行動

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧