体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

写真集『絶対に出る 世界の幽霊屋敷』発売 貴族の館や牢獄、魔女裁判の教会などを美麗写真で[ホラー通信]

怖い・怖いも好きのうち。

世界中に存在する、たくさんの幽霊屋敷や心霊スポット。古城、館、牢獄、教会、墓地、病院、工場など、「絶対に出る」と噂の絶えない“幽霊屋敷”を、美しい写真で紹介する写真集『絶対に出る 世界の幽霊屋敷』が発売されております。

籠城戦の舞台となったヨーロッパ中世の古城、華やかな舞踏会の音楽が聞こえる貴族の館、拷問と極刑が行われた牢獄、魔女裁判の教会、黒死病患者を埋めた墓地……。ホラー映画好きならば余計にあれこれ想像が膨らんでしまう場所ばかり。

鉛色の空の下でムードたっぷりに撮影された写真たちはもちろんのこと、歴史研究家ロバート・グレンビルが集めたそれぞれの土地の言い伝えや幽霊話が添えられているのも本書の魅力でしょう。世界幽霊屋敷マップもついているので、行動派のあなたは実物を見に旅に出てみるのもいいかもしれません。無事に帰ってきてね。

目に見えているもの以上のものが見えてしまうかもしれない幽霊屋敷写真集で、不思議の世界へどうぞ。

書籍概要

『絶対に出る世界の幽霊屋敷』
2018年7月24日発行/定価 2,000円+税/224ページ/ソフトカバー/
サイズ:天地228mm×左右174mm/ロバート・グレンビル著/
片山美佳子訳/発行:日経ナショナル ジオグラフィック社

【主な内容】
・はじめに
・城と要塞ボルソーバー城(英国ダービーシャー) ほか
・墓地ペール・ラシェーズ墓地の像(フランス、パリ)ほか
・ホテルと公共施設ラワン・セウ(インドネシア、スマラン)ほか
・家、屋敷、宮殿ゲインズウッド(米国アラバマ州デモポリス)ほか
・工場セントオーガスティン灯台(米国フロリダ州)ほか
・病院、刑務所バッファロー州立精神病院(米国ニューヨーク州)ほか
・宗教施設モン・サン・ミッシェル(フランス、ノルマンディ)ほか
・町、都市、島人形島(メキシコ、メキシコシティ)ほか
・世界幽霊屋敷マップ

■心霊マニアもうならせる!世にも恐ろしい世界中の心霊スポットを紹介!
■美しい写真や恐ろしい幽霊話が満載! 読むだけで心霊スポットを旅した気分に浸れる!
■幽霊屋敷の具体的な場所を紹介する世界の幽霊屋敷マップ付き!

ホラー・スリラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。