ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

「メルボルンのカフェ文化は一見に如かず」。

まわりのコーヒー好きから、何度もこう聞かされていながら、横目でチラ見程度だった私。でもついに自分の目で(そして舌で)確かめに行ってきました、オーストラリアはメルボルンへ。

“脱帽もの”のカフェカルチャー

感想としては、「いやはや、本当にすごい!」のひと言。どのショップにも、それぞれの個性と優しさ、そして想いがありました。今回は、私が行ったメルボルンのおすすめカフェ(脱帽もの)をご紹介。全部を挙げたいのはやまやまですが、キリがないので厳選してお届けします。

ちなみに、私がびっくりさせられたメルボルンに根付く独自のカフェ文化については、こちらの記事で詳しく。

01.
カフェ巡り、まずはここから
「SEVEN SEEDS」

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

SEVEN SEEDS」はメルボルンのカフェ文化を牽引する代表的なカフェ。
お店を知らないと通り過ぎてしまうような主張ゼロの外観ですが、そのドアを開けるとパッと賑やかなカフェの世界が広がります(そこがまたカッコイイ)。コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

コーヒーをオーダーすると、その豆の「プロフィールカード」を渡されます。
どんな味なのか、どこの国のどの農家がつくったのか、彼らの人となりまで記されているんです。

数分で飲んでしまうコーヒーかもしれませんが、このカップに注がれるまでにどんな道を歩んできたのだろう、と想いを馳せながら飲むことができるのは、食を知る上で大事なことだと思いました。

「SEVEN SEEDS」
住所:114 Berkeley Street, Carlton VIC 3053
TEL:+61 3 9347 8664
営業時間:7:00〜17:00(日 8:00〜17:00)
定休日:なし

02.
愛するメルボルンのために淹れ続ける
「MARKET LANE COFFEE」

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

メルボルン市内に5軒展開する「Market Lane Coffee」。このお店のスローガン「We love to make coffee for the city that loves to drink it(私たちはコーヒーが大好きな街のためにコーヒーを提供しています)」に胸を撃ち抜かれた私。そんな人たちが淹れてくれるコーヒーは、本当に愛のこもった優しい味。

コーヒー豆の種類も豊富で、日本に帰っても飲みたくてついつい何袋も買ってしまいました。

「MARKET LANE COFFEE (PRAHRAN MARKET)」
住所:163 Commercial Rd, South Yarra VIC 3141

TEL:+61 0 3 9804 7434
営業時間:月 7:00〜15:00 / 火 7:00〜17:00 / 水 7:00〜16:00 / 木〜土 7:00 〜17:00 / 日 8:00〜17:00

定休日:なし

03.
朝イチのクイックチャージに
「Patricia Coffee Brewers」

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

ものすごく攻めてると思いません?この店構え。「Patricia Coffee Brewers」という店名の看板すら出していません。しかもこれ、路地裏。それでも行列ができていました。

入るのに若干緊張しましたが、そんなのすぐに吹っ飛ぶほど、ものすごく優しいサービスです。「観光で来たの? 何が飲みたい気分?」と聞いてくれて、おすすめを出してくれました。メルボルンでは珍しくカウンターのみのカフェなので、出勤前やお昼時にさっとコーヒーを飲む人で賑わっています。

「Patricia Coffee Brewers」
住所:Little Bourke & Little William St. Melbourne, VIC, 3000
営業時間:7:00〜16:00
定休日:土日

04.
陽のあたる店内で遅めの朝食
「AU79」

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

お店に入った途端、自然がいっぱいの景色が広がる「AU79」。コーヒーはもちろん、ここでは朝ごはんやブランチいただきながら、ゆっくり時間を過ごすのにぴったりです。

ちなみに同店では、日本人の平山峰一さんがヘッドロースターとして豆を焙煎しています。平山さんとお話させていただくことができたのですが、コーヒーの個性にひたむきに向き合う彼の情熱といつまでも上を向いておごらない態度に、こっそり涙するほど感銘を受けました(平山さんには内緒ですが)。

「AU79」
住所:27/29 Nicholson St, Abbotsford VIC 3067
TEL:+61 3 9429 0138
営業時間:平日 7:00〜16:00 土日 8:00〜16:00
定休日:なし

05.
ランチ&食後の一杯はココに決まり
「KETTLE BLACK」

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

メルボルン市内を少し南へ行くとある「Kettle Black」。倉庫を改造したテイストのカフェが多いなか、ここはハイソなヨーロッパ調の建物。白を基調としたインテリアです。

飲み物中心の「カフェ」というよりは、きっちりとした「レストラン」。パンケーキなどのブランチ系から、ヘルシー志向のしっかりとしたランチまで、メニューも豊富なので、ここでランチをしてからコーヒーでひと息、そんな使い方がいいかもしれません。

「KETTLE BLACK」
住所:50 Albert Rd, South Melbourne VIC 3205
TEL:+61 3 9088 0721
営業時間:平日 7:00〜16:00 土日 8:00〜16:00
定休日:なし

06.
メルボルンコーヒーの本気を感じる
「AUNTY PEG’S」

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

ここ「Aunty Peg’s」はバーカウンターに座って、バリスタとお話しながら豆や淹れ方を決めながら飲んでいくスタイル。そして他のカフェとまったく違うのは、ブラックのコーヒーしか出していないこと。尖ってますよね〜!その姿勢、大好き。

ただ飲むだけのコーヒーではなく、コーヒー豆の味を生かした飲み方をバリスタがしっかり教えてくれて、しかも目の前でつくってくれるので、コーヒーのことをもっと詳しく知りたい人にはぜひ足を運んでもらいたいスポットです。

「Aunty Peg’s」
住所:200 Wellington St, Collingwood VIC 3066
TEL:+61 3 9417 1333
営業時間:9:00〜17:00
定休日:なし

07.
オシャレすぎる異空間
「ACOFFEE」

コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店

一瞬、セレクトものしか扱っていないアパレルショップかと思ってしまったほど、圧倒的にオシャレな空間「ACOFFEE」。

食器、コーヒーのパッケージ、小物の配置、植物、すべてが全部突き抜けていて、カフェのデザインプロデュースもここまで来たかー!と、言い過ぎではなく本当に衝撃を受けました。

私は、2種類の違う豆をフィルターでいただきましたが、飲みはじめの熱い時と冷めた時で味が変わることに感心。そこまでしっかりと計算されているんですね。

「ACOFFEE」
住所:30 Sackville St, Collingwood VIC 3066
TEL:+61 3 9042 8746
営業時間:月土 8:00〜16:00 / 火〜金 7:00〜16:00
定休日:日曜

心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。つねに進化し、飽きさせない工夫と情熱を感じました。コーヒーラバーを自負するならば、一度は、メルボルンの“本気コーヒー”をぜひ味わってみて。コーヒーの街、メルボルンで「絶対外せないカフェ」7店日本のコーヒーラバーが脱帽する「メルボルンのカフェ文化」Top photo: © 2018 Ryoko Iwata

関連記事リンク(外部サイト)

スタバさえ撤退に追い込む、オージーたちのコーヒー愛
【朝8時開店】おいしいコーヒーと朝食で気持ちよく朝を迎えられる「世界基準のカフェ」
台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき