ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

いま、おとなに読んでもらいたい。絵本『わたし』

いま、おとなに読んでもらいたい。絵本『わたし』

いま、おとなに、ひつようなもの。

 

むつかしい言葉もけっこう覚えたし、漢字だってそれなりに知ってる。文字ばっかりの分厚い本だって、読めるようになったよ!

ちいさな頃、眠るまえに読んでもらっていた絵本。
最後のページをめくったら、その日もおしまい。おやすみなさい。

だけど、「おとな」になったいま、夜はいろんなこと考えちゃう。言葉がたくさん書いてある本を読んだあとは、すぐに「おしまい、おやすみなさい」ってわけには、なかなかいかない。

だから、もう一度はじめてみよう。眠るまえの、絵本の時間。

「わたし」
谷川俊太郎 ぶん 長 新太 え(福音館書店)

そうか、結局のところ、たとえば10人が自分を見たときに思うことなんてきっと10通り、いやきっとそれ以上ある。それなのに、ついつい、「みんなに」こう思われたいな、なんて思っちゃう。

おとなになって、かかわる人が増えれば増えるほど、自分のなかに、自分が増えていく。それが、まちがっているような気持ちになったりもする。

だけど、毎日あたらしい日を生きているからこそ、きのうよりもきょう、きょうよりもあした、自分は増えていく。そんな自分を、あの人たちは、どう見るだろう。聞いてみたとしても、やっぱりきっと、答えはそれぞれ。でも、こう見られたいっていうのは、大事にしていいと思うんだ。

なんとなく、なんとなく、日々見えかたが変わっていく「わたし」に、胸をどきどきさせて、この絵本はおしまい。

それでは、おやすみなさい。

 いま、おとなに読んでもらいたい。絵本『わたし』『わたし』谷川俊太郎 ぶん 長 新太 え(福音館書店)

わたしは山口みち子、5才。お兄ちゃんからみると“妹”でも、犬からみると、“人間”。わたしはひとりなのに呼び名はいっぱい。社会関係が楽しく描かれた絵本。Top image: © 2018 TABI LABO

関連記事リンク(外部サイト)

いま、おとなに読んでもらいたい。絵本『自分におどろく』
「女性のヒーローだけ」を集めた絵本。女の子だって主役になりたい!
最愛の人の「生きた証」を、孫のそのまた孫に伝えるために。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき