ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「ボクは日本に住んでるけど幸せです。挙式もできたし、仕事もある。友達もいる」と語ることの何がいけないのか~モデル・マイノリティとデュアル・アイデンティティ(レインボーフラッグは誰のもの)

モデル・マイノリティとデュアル・アイデンティティ

今回は少年ブレンダさんのブログ『レインボーフラッグは誰のもの』からご寄稿いただきました。

「ボクは日本に住んでるけど幸せです。挙式もできたし、仕事もある。友達もいる」と語ることの何がいけないのか~モデル・マイノリティとデュアル・アイデンティティ(レインボーフラッグは誰のもの)

杉田議員によるLGBTへの差別発言に対し、先月27日には抗議集会が行われた。続いて立民党が同性婚の法整備検討を発表し、LGBTへの支援・差別解消へと争点が定まりつつある中、あるTwitterユーザーの発言が物議を醸した。

あるTwitterユーザーの発言

ユーザーの太悟さんは「ゲイの自分が恋人と楽しく生活している現状を世間にツイートして、偏見を減らしたい。そういう思いからツイッターを始めました」と語っているが、よりにもよって杉田議員の発言が世間の注目を浴びる最中に彼はポストしている。杉田議員の発言を肯定した上に、自分は「差別を受けていない当事者」であり、現状この通り「幸せだ」と、まるで「LGBTへの差別」などこの国にはないかのような主張を今行うことが何を意味するか、彼が想像出来なかったとはとても思えない。

当然だが太悟さんのツイートには「LGBTへの偏見がない人もいるが、依然として差別的取扱い・偏見は根強い」「過去に戦ってきた人たちが勝ち取ってきたものを横取りただ乗りしている」「日本じゃなくて自分の身の回りだろう」、「個人的な経験を何例持ってきたところでLGBTは差別されていないという証明にはまったくならない」など辛辣な批判が集中した。


小学生の時には「やーいオカマー!」と石を投げつけられ、同性愛は性的倒錯ですと本で読み、思春期に性的指向に苦悩して、大学生の時に自殺未遂して、修習生のときにあからさまに警戒されて、カムアウトしたら母に号泣され、父親からは親不孝者扱いされて、

そんな僕の住んでる国は

日本です。

しかし、LGBTの中には杉田議員を擁護する者も一定数存在しており、彼らを含め「日本は寛容だ」「日本には差別がない」「日本スゴイ」といった意見に魅力を感じる人たちの賛同を太悟さんのツイートは一手に引き受け、瞬く間に8万件以上のリツイートを得ている。

今回これほどまでに議論が加熱したのは、杉田議員の「生産性」を巡る発言がLGBTのみならず、障害者や高齢者、傷病者、女性、児童、セックスワーカー、労働者、移民、無国籍者などなど、他の社会的弱者への差別と痛ましい事件を容易に連想させ、誰もが自分も差別問題と無関係ではないと直感し多くの人々の関心を得たからだ。にも拘わらず、「日本には差別がない」と現実から目を反らしたい人々がこれだけいることは(何割かが偽装ユーザーであったとしても)圧巻だ。
下記は杉田議員を擁護するLGBTユーザーの典型的なものである。ちなみに「ジャックの談話室さん」は有名だし、私自身、彼には伝えたいことがあるので、ユーザー名にボカしはいれない。

杉田議員を擁護する意見01 杉田議員を擁護する意見02 杉田議員を擁護する意見03

ところで先ほど、LGBTの中には杉田議員を擁護する者が一定数存在していると述べた。
彼らにも様々な立場があるが、例えば「自分たちは差別されていない」「自分たちは今のままで十分に幸せだ」「LGBTには支援は必要ない」「LGBTは面倒な存在と思われたくない」などその主張には共通点がある。加えて、愛国心、保守・右派に親和的であり、左派に対して忌避的、排外主義的な傾向も特徴だ。
太悟さんもわざわざ最後に「日本」と付記している点は見逃せない。
こうしたLGBTの人たちは前々から存在していたわけだが、近年、「LGBTブーム」と共に存在感をより鮮明にさせている。
この人たちも自分たちがLGBTのカテゴリーに当てはまることは十分理解しているわけだが(その自己規定はしばしば「自分はLGBTではない。ただのホモだ」などという形を取る)、にも関わらずLGBTに反対しており、むしろLGBTを抑圧する側に自己同一化する。
どうして彼ら、彼女らのような人たちがLGBTに一定数存在しているのか、不思議に思う人もいるだろう。
彼ら、彼女らは、マジョリティに対して「面倒をかけない」「幸せである」「自分は差別されていない」、しまいには「この世に差別など存在しない」といった主張、振舞いを行う。
こうした人たちは、マイノリティの中でも、抑圧者に自己同一化し「模範的なマイノリティ」であろうとする人たちだと言える。
言ってみれば、いわゆる「モデル・マイノリティ」の「ステレオタイプ」をマイノリティ自らが進んで受け入れ、同化し、演じているような状態だと言える。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき