ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

世界初、日本語で読める点字「Braille Neue」

世界初、日本語で読める点字「Braille Neue」

「次の100年につながる新しい価値の創造に取り組むこと」を、ミッションとしてつくられた複合施設『100BANCH』。オープン1周年記念として7月に開催されたイベントでは、試作中のプロダクトや、シンポジウムなどが30以上集められた。

その中で壁一面に展示され、ひときわ目立っていたのが、この点字だ。

点字の展示
『Braille Neue』

世界初、日本語で読める点字「Braille Neue」世界初、日本語で読める点字「Braille Neue」

少し前にTwitterで話題になっていた『Braille Neue』は、目が見える人でも読みやすい点字。これまで、点字と墨字を同時に表記するアルファベットは世界中で開発されてきたけれど、日本語に対応しているものは1つもなかった。

製作者である高橋 鴻介さんは、「2020のオリンピック・パラリンピックに向けて実装を進めている」と言う。実際に視覚障害を持つ方や、点字の先生からフィードバックを受け、細かな修正を繰り返してきたそう。世界初、日本語で読める点字「Braille Neue」

最近では、名刺にエンボス加工でこの点字印刷をするワークショップを行った。すでに次のプロジェクトである絵本の制作も進行中。

障害者と健常者を分けない言語を広めるために、今後も生活の中に『Braille Neue』を取り入れる挑戦を続けていく。Reference: Kosuke Takahashi, Braille NeueTop image: © 2018 Braille Neue

関連記事リンク(外部サイト)

【世界初】視覚障害者向けに「スマートウォッチ」を開発!これはすごい・・・
空気が読めない人(KYな人)に共通する10の特徴と対処法
読めないあなたはバリバリの日本人だ!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき