ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

この土地ならではの太陽と海が写真の力を一層高めてくれるものだから、「人気スポットを巡ってはSNSに投稿」が沖縄の決まりごとになっている気がします。

もちろん、友だちからのイイね!やコメントは嬉しい。ただでさえ高まっている気分をさらに押し上げてくれるのは間違いありません。

しかし、それが本当に旅に求めているものかといえば……。心の充足感とSNSでのリアクションは必ずしも比例するものではないですよね。

そういうわけで、ただ単に「映える」だけの観光地を探しているのなら、この記事は見当違い。ここで紹介したいのは、誰もが訪れる人気スポットには行かずとも沖縄の魅力を存分に体感し、心身ともに満たされるという大人旅です。

早速ですが「那覇市街地」はスルーです

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

那覇空港に到着したら、そのまま車で約1時間。「とりあえず那覇市街地へ」という気持ちは脇において恩納村へと向かいます。だって、都市部に寄らずにいきなり沖縄の自然に飛び込んだほうが、その魅力をより一層体感できるから。

万座毛を意識する頃にはすでに気分はハイでしょうが、止まることなく岬の突端の「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」を目指しましょう。到着直前に現れる、左右に東シナ海を望むまっすぐな一本道が非日常のはじまりを告げてくれます。これはなんともニクいアプローチ。

上の写真、エメラルドグリーンの海に突き出た半島のすべてが同ホテルの敷地。こんなにも贅沢なロケーションは、周囲を海に囲まれた沖縄といえど、そうそう実現できるものではありません。

人気のカフェに行かなくとも
沖縄随一のアフターヌーンティーを

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

貝殻をモチーフにした白亜のホテルに到着。せっかくなら、思い切って5階から9階に位置する「クラブインターコンチネンタルルーム」もしくは「スイートルーム」に泊まるのが断然オススメです。

というのも、沖縄でもっともラグジュアリーなラウンジ「クラブインターコンチネンタルラウンジ」を利用できるから。チェックインした後は「さあ、これからどこへ行こう?」と考えることなく、まずは季節ごとの素材を用いたアフタヌーンティーで旅の疲れを癒しましょう。

このラウンジは、穏やかな東シナ海を270度オーシャンビューで楽しめるプレミアムな空間。海は時間帯によってさまざまな表情を見せてくれるので、イブニングカクテルや朝食も含めて最低でも三度は楽しむべき。

ホテルから出ずとも気分は上がり続ける

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

部屋に戻って窓の外を眺めると、見渡すかぎりの海、海、海。ほとんどの方角で、万座ビーチならではの青が白い砂浜とセットで視界に飛び込んできます。

じつはこのホテル、恩納村の自然豊かな国定公園の中という絶好のロケーションに位置しているんです。まだホテルから一歩も出ていないのに、この満たされよう!

目の前のビーチで
充実のマリンアクティビティ

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

このあたりで、ようやく外へ。目の前に広がる万座ビーチは海のリゾートアミューズメントパーク。せっかくなら思い切りエネルギーを発散する時間も必要でしょう?

ここで楽しめるアクティビティは、とにかく「充実」の一言。ジェットスキーやドラゴンボートといった爽快系だけでなく、大自然のエネルギーを身体いっぱいに感じられるスノーケリングやSUPヨガなどの癒し系まで網羅しています。

加えて、フィッシングやボート遊覧といったファミリー向けも。家族構成やそのときの気分にあわせて色々な選択ができるのは嬉しいです。

ディナーのオススメは
最高レベルのコンシェルジュに聞こう

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

事前にチェックしておいたお店でディナーもイイですが、ホテルのコンシェルジュにオススメを聞いてみるなんてこともアリ。これ、意外と盲点だったりしませんか?

確かに、検索すれば欲しい情報はすぐ手に入ります。でもせっかくなら、その土地を知り尽くしたプロに聞いたほうがいい。しかも、相談に乗ってくれるのは「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」というラグジュアリーホテルの専属コンシェルジュですよ。話を聞かないなんて、むしろもったいない!

きめ細やかなホスピタリティで、スマホでは知り得ない情報を教えてくれるはずです。

人気スポットを追いかけなくとも
沖縄旅はこんなに楽しめる

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

本当の意味であなたを満たしてくれるのは、こんな風に心からリラックスして沖縄を感じられる旅。なにも有名なスポットばかりを訪れる必要なんてないんです。

たとえば、万座毛に行かなくとも、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の敷地内にだって、知られざる絶景スポットはあります。スマホや雑誌などで見飽きたものではなく、自分だけのお気に入りの景色を探してみる。そんな時間こそが、ずっと心に残り続けるのではないでしょうか。

「映える」だけじゃない、特別な体験。その意味は「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」に行けば、きっとわかるはず。人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

究極のホスピタリティは
那覇・石垣でも

人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

ちなみに、やっぱり那覇は押さえておきたいのなら那覇市内の「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」、もっとワイルドな沖縄を楽しむなら「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」という選択肢も。

どこをチョイスしたとしても、プレミアムな時間が待っています。人気スポットが一つも入っていない「沖縄旅プラン」

関連記事リンク(外部サイト)

雨の日でも、1年中楽しめる沖縄のアクティビティがこちらです
沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい
沖縄本島の、ゼッタイ行きたい「絶景スポット」8選

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき