ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

カイロの「ゴミの街」を巨大アートで色鮮やかに!

カイロの「ゴミの街」を巨大アートで色鮮やかに!

過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティ・タウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改めて紹介。

巨大なアートが現れたのはマンシェット・ナセル。ここにはカイロで出されるゴミが全て集まる、なんて言われています。なにかとネガティブなイメージがまとわりつくこの地区ですが、彼は50軒もの建物にグラフィティを描くことで、地域コミュニティを活性化させました。

eL SeedだけでなくJRやGERMEN crewといった多くのアーティストたちが、同じようなスラム街を元気付けるプロジェクトをおこなっていますよね。

やっぱりアートで人の心を動かすって、スゴい!カイロの「ゴミの街」を巨大アートで色鮮やかに!カイロの「ゴミの街」を巨大アートで色鮮やかに!カイロの「ゴミの街」を巨大アートで色鮮やかに!カイロの「ゴミの街」を巨大アートで色鮮やかに!Top image: © 2016 eL SeedReference: eL Seed Transforms Buildings In Cairo With Calligraffiti / Culture Trip

関連記事リンク(外部サイト)

こちらのフランス料理は、目で味わいください。
カラフルな家具が、カイロの「ゴミ問題」解決の糸口になる
ゴミ山から生まれたレオナルド・ディカプリオ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき