体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】auが浦島太郎の家を実際に作ったらしい / 実際に家に入って玉手箱を開けることも可能(笑)

urashima12

桃太郎や金太郎、そして鬼などが登場する人気のテレビCMといえば KDDI の「三太郎シリーズ」だが、なかでも浦島太郎といえば「妄想のなかで家や妻を作ってしまう」ほどエキセントリックなキャラとして人気を博している。そんな浦島太郎こと浦ちゃんの家が、実在するのをご存知だろうか。

・浦ちゃんの家を本当に建ててしまった
実はKDDIが以前から「浦ちゃんの家つくろうプロジェクト」として家のアイデアを募集しており、集まったアイデアをもとに浦ちゃんの家を本当に建ててしまったのである。しかもこの家、実際に行くことができるだけでなく、中で遊ぶことも可能なのである。

urashima14
urashima1
urashima18

・誰でも記念撮影や中に入って遊べる
亀のような形をした浦ちゃんの家は、東京都お台場のフジテレビ1階、「ようこそ! ワンガン祭り THE ODAIBA 2018」イベントブース内に建っており、誰でも記念撮影や中に入って遊ぶことができる。家の中に入るとさまざまな仕掛けが用意されていて飽きない仕掛けが盛りだくさん。

・複数の玉手箱が置かれているが!?
たとえば、家の中にはいくつかボタンが用意されており、それを押すたびに浦ちゃんや乙ちゃん(乙姫)のボイスが聞こえる仕組みがある。CMでは語られない完全オリジナルボイスもあるので、ボタンを探して押しまくってみると楽しいかも。

urashima8
urashima5
urashima7

・絶対に開けてはなりません!? が!
また、家には激しく小さな一寸法師が潜んでおり、毎日、隠れている場所が変わるそうだ。さらに、浦ちゃんだけに複数の玉手箱が置かれており、それを開けると……。

おとぎ話の玉手箱は「絶対に開けてはなりません」と乙姫に言われた浦島太郎だが、実際に開けると何が起きるのか……。あえてここでは語るまい。

urashima4
urashima3
urashima16
urashima17
urashima6

・太古の時代を感じさせる良い体験
家に置かれている釣竿、玉手箱、三線などは実際に手に持つことも可能で、スマホで撮ってネットに載せるのも楽しげ。

そもそも、昔ながらのこのような家は、いまの現代日本に皆無といっていいレベルで存在せず、そこに行くだけでアトラクションを楽しんでいるかのような気分となり、太古の時代を感じさせる良い体験ともいえる。

urashima9
urashima2

・コミカルな写真撮影が可能
ほかにも、家の入り口には三太郎シリーズのキャラクターたちと記念撮影ができるブースがあり、セリフが書かれたフキダシを持ってコミカルな写真撮影が可能。なにかと記念になる浦ちゃんの家といえよう。ちなみにアンケートに答えるとくじが引けるお楽しみもあるそうなので、夏の運試しも可能だ。

浦ちゃんの家の詳細
会場: フジテレビ本社屋1F フジテレビモール
住所: 東京都港区台場2-4-8
期間: 2018年7月28日~9月2日
時間: 10:00~18:00 (最終入場17:30)

urashima13
urashima10
urashima11

もっと詳しく読む: auが浦島太郎の家を実際に作ったらしい / 実際に家に入って玉手箱を開けることも可能(笑)(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/07/26/urashimataro-au-kddi-news/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。