ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メルヘンな世界!鉱石の森の中から生まれた「鉱石ねずみ」が話題

メルヘンな世界!鉱石の森の中から生まれた「鉱石ねずみ」が話題

 キラキラ輝く鉱石を背中にのせた、つぶらな瞳のハリネズミ、その名も「鉱石ねずみ」がTwitterで続々リツイートされるほど、話題を呼んでいます。説明書きによるとなんでも「鉱石の森の中から生まれた」というメルヘンチックな作品。 リプライでは「めっちゃかわいい」「私も参考にしてなんか作ってみようかな……」「一目惚れしました!」など、その可愛さに心を奪われた女子たちが増殖中のようです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 こちらは「日頃から絵を描いたり作ったり、静かで透明感のあるもの、角、翼、蹄が好き」というwatariさんが制作した作品のひとつ。以前からハリネズミをモチーフにしたイラストやアクリルキーホルダー、トートバッグなど様々なものを制作してきたとか。それにしても様々な動物がいる中で、なぜハリネズミだったのか伺ったところ「数年前にハリネズミを飼っていたので。でも鉱石ねずみ以外にもいろんな鉱石動物を作りたいとは思ってます」とのこと。

 中でも一番特徴的なのは、なんといっても透き通った鉱石。こちらは、天然鉱石を原型に型をとりレジン(樹脂)を流し入れて作っているそうです。watariさん曰く「鉱石とハリネズミが好きなので、合体したらすごくかわいくなるのではと思ったからです。1番こだわった所は胴体と目。目は小さすぎて塗るのが本当に大変でした」とのこと。このwatariさんのこだわりの部分が、見る人を虜にしているようです。

 フィギュア作りに慣れていそうなwatariさんですが、最初から知識があったわけではなく、自分で調べたり、道具を揃えたり、実験のように作っていたとのこと。一体が完成するまでにかなりの日数がかかり、正確な制作期間はわからないそうです。

 最後に制作する中でのエピソードを伺ったところ「鉱石ねずみの絵を描いていくうちに、平面じゃなく立体化したいなと思いました。だけどフィギュア化は思った以上に大変で、失敗と勉強の連続でした。だけど完成が見えてくると本当にうれしかったです。大勢の方々に私の作品を見て頂けて本当に嬉しいです。紹介してくれた友人に感謝しつつ、これからも自分のペースで納得のいく作品を作っていきたいと思っています」と、作品を作る面白さを伝えてくださいました。

#鉱石ねずみ #フィギュア pic.twitter.com/PKYdC8tLBA

— watari〔制作中〕 (@_hoshikui_) 2018年6月17日

結晶の中の🌲のいろがミックスの子と、青い子🔹
みんな顔が違う。きっと性格も違う。#鉱石ねずみ #artdive #アートダイヴ #ハンドメイド pic.twitter.com/kSqG8B6RzC

— watari〔制作中〕 (@_hoshikui_) 2018年4月26日

先ほど鉱石ねずみのフィギュアをご購入頂いた方にフィギュアの注意書きを入れるのを忘れてしまいました…
申し訳ありません😞
内容は画像の通りです。 pic.twitter.com/woQIpwnFKD

— watari〔制作中〕 (@_hoshikui_) 2018年4月28日

<記事化協力>
Watariさん(Twitter:@_hoshikui_/BASE:http://hoshikui.thebase.in)

(黒田芽以)

関連記事リンク(外部サイト)

ヒラギノ明朝第3さんずいを見て閃いた 「ヒラギノ銃」制作者の発想がスゴイ!
両手を使ってよいしょ~!器用に引き出しを開ける猫ちゃんが「賢い!」
とんでもないバランス感覚!超絶技巧に積み上がった河原の石が“芸術”と話題騒然

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy