ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「僕が終わるのは、僕の自由」 尾田栄一郎先生が『ONE PIECE』を「終わらせる時」について語る

dsc_0797

7月23日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)34号に、人気漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎先生のインタビューが掲載された。その中で、尾田先生は同作を「終わらせる時」について言及している。

「僕が終わるのは、僕の自由」

『ONE PIECE』連載21周年を祝い、新シリーズ「ワノ国編」へ突入した本編を盛り上げる豪華な企画が目白押しの34号。同誌の創刊50周年を記念した「レジェンド作家SPインタビュー」の第8回に登場した尾田先生は、1997年7月に連載を開始した当時を振り返り、決して順風満帆ではなかった連載当初やボツネタの重要性について語った。

また、「自分の作品が一番読まれたら嬉しい」と語る一方で、「僕は責任感が強くないんです」と雑誌の看板を背負っている意識はないと説明する尾田先生は、続けて「もし『ONE PIECE』を終わらせる時が来たら、編集部から『もっと続けてくれ』と言われたところで、それを聞く気もないですしね。僕が終わるのは、僕の自由」と、作品が完結するタイミングは自分で決めたい意志を示した。

「ストーリーがまだまだある」

となると気になるのが完結の時期だが、「まあ……終われないんですけどね。ストーリーがまだまだあるので」という尾田先生。コミックスの累計発行部数でギネス世界記録を持ち、ハリウッドでドラマシリーズ化も進行中の『ONE PIECE』だが、この先もまだまだジャンプを引っ張り続けていく存在でありそうだ。

インタビューでは他にも、共に15年間にわたり連載を続けてきた『NARUTO -ナルト-』の岸本斉史先生との関係や、ジャンプの「エースにはなるけど、キャプテンにはなれない」と語ったエピソードなどを明かしている。

このインタビューの完全版は、『週刊少年ジャンプ展VOL.3 公式図録』に収録される。『週刊少年ジャンプ展VOL.3』は、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)にて2018年9月30日(日)まで開催中。

※画像は『週刊少年ジャンプ展VOL.3』にて撮影

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき