どうなる東京五輪の猛暑対策 虚構新聞の「東京23区全面ドーム化へ エアコン完備」記事が話題に

access_time create folderエンタメ
kyoko_shinbun

現実のニュースをパロディにした、虚構のネタニュース記事を掲載する老舗の嘘ニュースサイト『虚構新聞』。

ここ最近は、現実がむしろ虚構新聞化してしまったのではないかとも思われるような事案もあり、実際のニュース記事に「虚構新聞かと思った」という反応があることもしばしば。

そんな虚構新聞、7月19日に
東京23区、全面ドーム化へ エアコン完備「全天候型都市」目指す
http://kyoko-np.net/2018071901.html[リンク]

東京23区内を超巨大ドームで覆い、内部温度をエアコンで調整する計画があることが、関係者などへの取材で18日までにわかった。早ければ8月にも着工し、20年7月までの完成を目指す。完成すれば、天候に左右されない「全天候型都市」として快適な市民生活が期待できそうだ。(略)

という記事を掲載した。

連日の猛暑で2020年のオリンピックの暑さ対策が話題となる中、小池都知事は17日「濡れタオルを首に巻くだけで首元が冷える。このことを知ってもらい活用して欲しい」と発言したと報じられた。このニュースもなんとも虚構新聞チックである。


そんな中で掲載された今回の虚構新聞の記事、大変話題となり記事を告知したツイートにも数多くの返信が寄せられていた。


また、イラストレーターのKiichiさん(@kiichiglad1)は、今回の記事をうけ「学研まんが できるできないのひみつ」のパロディイラストをアップしていた。素晴らしい。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧