ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

今年の春は押し花ネイルが流行りましたが、夏も引き続きお花モチーフのネイルが人気。

特にドライフラワーをつかったネイルは、涼し気&ガーリーでとってもかわいいんです♡

セルフネイルの場合は押し花モチーフのネイルシールを使うのが一番簡単なのですが…

本物のお花で周りと差をつけたい♡というネイル好きさんのため、ドライフラワーネイルのやり方をご紹介します。

可憐でかわいい♡ドライフラワーネイルHow To

用意するのは、ベースに使用するポリッシュと、ネイルアート用のピンセット、先の尖ったハサミ。

ハサミもピンセットも100円ショップで購入可能です。

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

ドライフラワーは、Amazonで12色のお花がそれぞれ約5枚ほど入って880円というものがあったので、そちらを購入しました。

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

ベースに使用するポリッシュはお好みで。

透け感のあるカラーの方が今っぽく仕上がるのでおすすめですよ♡

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

今回は、ダイソーの「マイメロ ネイル シャイニーミルクホワイト」を使用しました。

では早速、ドライフラワーネイルをつくっていきましょう♩

ため息は禁物。飛ばさないように要注意

ドライフラワーは、取り出すとこんな感じになっています。

ひとつ1〜2センチくらいの大きさで、とっても繊細…!そぉっと扱ってくださいね。

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

今回は、ブーケと一輪挿し、お花の輪っかをつくりたいので、それぞれの用途に合わせてハサミでバラバラにしていきます。

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

\ポイント/

お花を触る時は力加減に注意!

ドライフラワーは繊細なので、強く掴むと粉々に崩れてしまいます…

準備ができたら、ベースカラーを塗ったネイルにトップコートを重ね、乾かないうちにお花を置いていきましょう。

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

\ポイント/

トップコートは接着剤の代わりとして使用するので、うすく塗ってください。

たっぷりつけると気泡ができたり、乾いた後に凸凹になって仕上がりが汚くなってしまいます。

お花を配置したら、上からトップコートを重ねて固定。

ブーケ風にブリオンを置いてもかわいいですよ♡

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

ブーケ以外のデザインも、

ベースカラー

トップコート(接着剤の代わり)

ドライフラワー

トップコート

この順番でつくっていきます。

完成したのがこちら。

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

ドライフラワーをひとつひとつ配置していくのはかなり根気のいる作業です。

ちょっとため息をついただけでもお花がどこかに飛んで行ってしまうので、慎重に慎重に、のせていってくださいね。

\ポイント/

ドライフラワーをのせた後のトップコートは、ジェルのようにぷっくり感のあるものがおすすめ。

お花のアートを長持ちさせるためには、トップコートを3回くらい重ね塗りした方が◎です!

カラーを変えればオールシーズンOK♡

ベースのカラーを変えれば、同じアートでも雰囲気がガラリと変化。

 【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

フレームシールの中にお花を配置したブローチ風アートもできちゃいますよ♩

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

重要なのはとにかく“根気”

いかがでしたか?

本物のドライフラワーをつかったドライフラワーネイルは、技術的にはそんなに難しくないので根気さえあれば誰にでもできちゃいます。

【#セルフネイル部】大人ガーリーなドライフラワーネイルのやり方をレクチャー

お花の色や形を自分好みに変えて、いろんなデザインに挑戦するのも楽しそう♡

ぜひ試してみてくださいね。

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy