ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選

絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選

日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。

南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれていながらも都市機能があり、まるで日本全体の縮図のようだ、とも言われてます。アウトドアが好きな友人との旅行や、浜名湖畔でリラックスする家族旅行など、浜松への旅は、どんなスタイルにしたいかでシチュエーションが変わります。

手頃な金額のゲストハウスから、少し贅沢な気分に浸れるホテルまで、それぞれの旅行スタイルに合わせた宿泊先をピックアップしてみました。

01.
アウトドアを楽しむ秘密基地
「365BASE OUTDOOR HOSTEL」

絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選

浜松駅から遠州鉄道に乗り換えて、約6分。「365BASE OUTDOOR HOSTEL」は、登山やキャンプ、サーフィン、フィッシングなどのアクティビティを楽しみたい人の “BASE” にしてほしいゲストハウスです。

2015年にアウトドアをテーマにシェアハウスとしてスタート。その後、2017年にゲストハウスへと生まれ変わり、今ではアウトドアの秘密基地のような存在になりました。

施設内は「ただ寝るだけ」のスペースではなく、板張りの室内やハンモックなど、外に行かずともアウトドアな雰囲気を楽しめます。部屋の種類は、ベーシックなドミトリーや個室タイプなど。1ヶ月以上の長期滞在をするゲストのために、割安な宿泊プランが用意されているのも嬉しいポイント。

最寄りの助信駅(すけのぶえき)からは徒歩4分ほどですが、本格的にアウトドアを楽しみたいなら車を使った移動がオススメです。絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選ドミトリーの各ベッドには、コンセントやパソコン用デスクを完備

365BASE OUTDOOR HOSTEL

住所:静岡県浜松市中区曳馬2-1-25
TEL:053-544-4338
料金(税込):
ドミトリータイプ(1名)3300円〜
ダブルサイズドミトリー(1名)3500円〜
デラックスダブルタイプ(2名)6800円〜
公式HP:https://365base.jp

02.
大切な日に泊まりたい
「オークラアクトシティホテル浜松」

絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選

エントランスに入ると、天井が高くノーブルな雰囲気で迎えてくれる「オークラアクトシティホテル浜松」。新幹線も停車するJR浜松駅近くのアクトタワー内にあります。最上階の45階は浜松の街並みと太平洋を一望することができ、旅行の特別感を演出。

建物の外観は、“音楽の街 浜松” らしさを出すために、ハーモニカをイメージしているとか。トランペット風の金色の柱や床の鍵盤模様など、館内にも音楽をモチーフにしたデザインやオブジェが点在しています。

夕食が選べる1泊2食付の「PREMIUM記念日プラン」は、結婚記念日や誕生日など「大切な日」にいかがでしょうか。絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選上階の部屋からは、浜松の街を一望できる

オークラアクトシティホテル浜松

住所:静岡県浜松市中区板屋町111-2
TEL:053-459-0111
料金(税サ込):
スタンダードシングルルーム(1名)1万3662円〜
デラックスシングルルーム(1名)1万7820円〜
スタンダードツインルーム(1名)1万9008円〜、(2名)2万3760円〜
公式HP:https://www.act-okura.co.jp

03.
お寺で泊まり込み修行体験
「方広寺」

絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選

リゾートホテルやゲストハウスには泊まり飽きた、という人へ。いつもとは違う宿泊体験として「方広寺」はどうですか? 最近では若い世代からの人気も高い「テンプルステイ」という宿泊スタイルですね。

浜松の山奥のほうにある「方広寺」は、JR浜松駅からバスで60分ほどの浜松市北区にある、臨済宗のお寺。ここでは、座禅などを体験する「一泊禅寺体験」に参加できます。内容は、意外と本格的。

【1日目】
15:00……集合・日程説明
15:30〜16:30……境内拝観
17:00〜18:00……写経
18:00〜19:00……夕食(精進御膳)
19:00〜20:00……坐禅
20:00〜22:00……入浴・自由時間
22:00……消灯

【2日目】
5:30……起床
6:00〜6:30……朝のお勤め(ご祈祷)
6:30〜7:00……坐禅
7:00〜7:30……朝食
7:30〜8:30……境内掃除
9:00……解散

旅行とはいえ、早起きをして、掃除もあります。でも、普段の生活では経験することのできない思い出深い宿泊になるはず。肉や魚を使わないヘルシーな精進料理(一泊禅寺体験の精進料理は、本膳9品)も、一度は食べてみたいですね。

一泊禅寺体験は、毎月第二土曜日から1泊2日で開催中。他にも、日帰りプランや企業や学校の研修も受け入れているみたい。3月末〜4月末、7月中旬〜8月末までは研修が集中するそうなので、早めのご予約を。絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選宿泊研修は大人気。事前予約が必須です

方広寺
住所:静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
TEL:053-543-0003
料金(税込) 
一泊禅寺体験(1名) 9800円〜
日帰り禅寺体験(1名)4560円〜(2名より受付)
公式HP:http://www.houkouji.or.jp/shukuhaku.html

04.
家族と行きたいリゾート
「ホテル ウェルシーズン浜名湖」

絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選

ホテル ウェルシーズン浜名湖」は、天然温泉でリフレッシュして、家族とゆったり過ごせるホテル。部屋はフローリングの洋室タイプと畳の和室タイプがあるので、好みで選べます。

ホテルの近くには、子どもも楽しめる遊園地「浜名湖パルパル」があり、アトラクションの数は30種類以上。また日本唯一の湖上ロープウェイに乗れば、対岸にある大草山山頂まで浜名湖のパノラマを満喫できます。

夏の間は4つのウォーターアトラクションがある「パルプール」もオープン。ここに宿泊すると、ホテル周辺のスポットと合わせて1日中遊べそうです(ちなみに宿泊者はパルパルの入園料無料)

JR浜松駅から浜名湖周辺へのアクセスは、路線バスで40〜60分、タクシーで40〜50分ほど。詳しくは宿泊先に問い合わせを。絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選ゆったりした気分で過ごせる、ガーデン付きの部屋

「ホテル ウェルシーズン浜名湖」
住所:静岡県浜松市西区舘山寺町1891
TEL:053-487-1111
料金(税込):
スタンダードバイキングプラン(1室4名利用時・1名)1万2420円〜
スタンダード和食会席プラン(1室4名利用時・1名)1万4580円〜
公式HP:https://wellseason.jp

05.
浜名湖畔で天然温泉めぐり
「ホテル 九重」

絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選

浜名湖畔に佇む、純和風旅館「ホテル 九重」。浜松駅からバスで45分ほどのところにあります。フロントの大きなガラス窓越しに浜名湖を眺めることができ、ゆったり時間が流れています。

天然温泉の大浴場は、「遠州絵巻の湯」と「大正浪漫の湯」のふたつ。遠州絵巻では、歌川広重の浮世絵の世界をガラス絵で表現し、大正浪漫の湯は天井にステンドグラスを配置した、大正浪漫風のおしゃれな大浴場になっています。日本初の天然鉱石を使用したお風呂も、特徴のひとつです。

二つの大浴場には、冷え性・関節痛・疲労回復などに効く湯が、あわせて20種類あります。湯めぐりでリラックスできるのはもちろん、こだわりの空間を満喫しながら湯に浸かるのがここでの楽しみ方です。絶景、駅近、リーズナブル。「浜松」で泊まりたい宿5選レトロな内観で、8つの内湯が楽しめる「大正浪漫の湯」

ホテル九重
住所:静岡県浜松市西区舘山寺町2178
TEL:053-487-1112(予約センター)、053-487-0090(当日連絡)
料金(税込)
スタンダードプラン(1室5名利用時・1名)2万520円〜
公式HP:https://hamanako-kokonoe.jp

「浜松旅行は、日帰りでいいかな」。

東京と大阪の中間地点という立地で、新幹線を使ってアクセスできるから、そう思われがち。でもこの街には、歓楽街・肴町などの夜遅くまで楽しめるスポットがたくさんあります。だからこそ、宿泊込みの浜松観光がおすすめ。そして、せっかくなら思い出に残る宿を選びたくないですか?

ゲストハウス、高級ホテル、リゾートホテル、和風純旅館、テンプルステイ。どれにします?Top image: © 2018 遠鉄観光開発株式会社取材協力: 浜松市

関連記事リンク(外部サイト)

浜松の夜は、このクラフトビールが満たしてくれる
沖縄に行かなくても、浜松でパラセーリングできるじゃん!
空き室だらけから満室に。若者が集まる浜松の「KAGIYAビル」へ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy