ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

快適な睡眠のカギはアロマにあり!おすすめのアロマと使い方を紹介

ぐっすり寝たい時に。アロマを使って、快適な睡眠へ導く方法睡眠する女性

良質な睡眠はとても大切

日々の忙しさ、職場の人間関係……。日常生活で疲れやストレスは溜まっていく一方だ。

こういった状態が続くと、ストレスが溜まりすぎて寝付けない、夜中何度も起きてしまう……という方も多いのではないだろうか?

そんな時は、寝室にアロマを焚いてみるのはどうだろう。安眠作用のあるアロマオイルを使うことで、ストレスを抑え、いい夢を見られる可能性がグッとアップする。

そこで今回は、ぐっすり寝たい方におすすめのアロマオイルを紹介しよう。快適な睡眠に導く、おすすめアロマオイルラベンダーのアロマオイル

ラベンダーの香りにはリラックス作用がある

心身ともにリラックスして、いい夢を見たい…という方にオススメのアロマオイルは、ラベンダーとベルガモット。

まずラベンダーには、怒りや緊張を抑える作用、リラックス作用がある。精神的な疲れや、ストレスで寝付けない時におすすめのアロマオイルだ。

またベルガモットには、不安・緊張・怒りを和らげ、おだやかな気持ちにする作用が。落ち込んでいる時でも、イライラしている時でも使える万能なアロマオイルと言えるだろう。

スッキリした柑橘系の香りなので、アロマ初心者の方でも取り入れやすいアロマオイルだ。寝るときでも安心なアロマの使用方法

寝るときに使用する場合は、「アロマディフューザー」を使うのがおすすめ。

アロマディフューザーは、風力や超音波で香りを拡散させるというもの。広い範囲に香りを広めることができるので、寝室全体が心地いい香りに包まれる。さらに、火を使わないので、寝る時でも安心だ。

逆に、キャンドルの炎で温め、熱で香りを拡散させる「オイルウォーマー」は、倒れて火事になる危険もあるので、睡眠時の使用はあまりおすすめできない。

ディフューザーを持っていない人は、コットンやティッシュにアロマオイルを2~3滴たらし、それを枕元に置くという方法も。ディフューザーのような拡散力はないが、手軽にアロマの香りを楽しむことができる。アロマを使用するベストなタイミングは?

アロマディフューザー

寝る前にスイッチオン!
睡眠時にアロマを使用する場合、ベッドに入る10〜15分前に、ディフューザーのスイッチを押すのがベストタイミングだ。

10分もすれば心地いいアロマの香りがお部屋いっぱいに広がるので、ディフューザーのスイッチは寝る準備をする前に入れると良いだろう。好きな香りに包まれて、いい夢を見よう!アロマ

良い夢を!

もちろん、今回ご紹介したベルガモットやラベンダー以外のアロマでも、いい眠りにつくことはできる。大事なのは、自分がリラックスできる香りかどうか。

アロマショップに行くと、色んな精油を嗅ぐことができるので、自分の好きな香りを探してみては。

文=えり
かしこくかわいい主婦になるためのブログ「しゅふのわ.com」を運営

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy