ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5都道県を食べ歩き?! 地元の味を再現した人気のポテチが再登場


2017年に発売されて好評だった「カルビーポテトチップス47都道府県の味」。その中から多くの支持を得た5都道県のポテトチップスが、数量限定・期間限定で再び全国にて発売される。限定だったあの味をまた食べられるチャンス到来だ。

7月16日(月)~9月下旬の予定で発売されるのは、北海道・東京・石川・広島・福岡の味のポテトチップス。


北海道の味「ポテトチップス 昆布しお味」は、北海道の食材・昆布としおの旨みを活かしたポテトチップス。味の決め手となるこんぶパウダーは北海道の日高産昆布100%、塩には北海道のオホーツクの塩を配合。北海道の美味しさが詰まった一品となっている。


食欲そそる味わいの東京の味「ポテトチップス もんじゃ焼き味」は、昔なつかしい味わいを再現。さくらえび・キャベツ・だし・ソース味が食欲そそる味わいで、海鮮とだしの味わいがしっかり感じられる。


石川の味「ポテトチップス 金沢おでんカニ面味」は、カニの身・味噌のやさしい風味と昆布主体のダシが香る上品な味わい。カニの甲羅にカニの身と内子と外子を殻につめたものを蒸しておでんのダシに浸した“カニ面”を、ポテトチップスとして味わってみよう。


広島の味「ポテトチップス 牡蠣のバター焼き味」は、焼き牡蠣の香ばしさと、バターのまろやかさの相性が抜群の美味しさ。広島県産の生牡蠣を特殊な方法でパウダー化しており、牡蠣の苦さと磯の香り、醤油とバターの風味がたまらない。50回以上の試作を繰り返して完成した自信作だ。


いりこだしベースのつゆに、衣が溶け出したごぼう天の風味を感じられる福岡の味「ポテトチップス ごぼう天うどん味」は、博多のうどんのトッピングとして定番のごぼう天をポテトチップスに。福岡のソウルフードの味がするポテトチップスは、やみつきになるおいしさ。

北は北海道から、南は福岡まで日本を旅するような気分で、ポテトチップスで5都道県の味を楽しんで。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy