ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonのレビュー「やらせ」を見抜くポイント

Amazonのレビュー「やらせ」を見抜くポイント

ネット通販で商品を購入する際に、参考になるのがユーザーのレビューやショップの評価です。しかし、ネット通販大手「Amazon」には、自社商品をベタ褒めするやらせ業者が蔓延中。そこで、Amazonのレビューで「やらせ」をどのように見抜くのか、そのポイントを見ていきましょう。

Amazonレビューのやらせを見抜く

現在、Amazonのレビューでやらせ依頼を積極的に行っているのは中国系の業者です。やたらと高評価が多い上に、販売会社の住所が中国だったり、レビューの文面が不自然な日本語だったりする商品は要注意です。

こういう場合は、必ず低評価のレビューも合わせてチェックしましょう。というのも、Amazonレビューのやらせを見抜くポイントに、レビューに極端な高評価と低評価が多いことがあるからです。

レビューの評価が5つ星と、1つ星に二極化している商品は特に危険。この場合、やらせレビューであることに加えて、商品そのものの品質が非常に低いことを意味しています。Amazonのレビューは低評価のものも必ずチェックしましょう。

商品名に余分な言葉が入っている時も要注意。商品名の表記はガイドラインで定められており、商品名・ブランド名・型番・カラー・仕様以外は記載していけません。

Amazonでやらせレビューを避ける

しかし、検索でヒットしやすくしたり、より目立たせたりする目的で、商品名の中にキャッチコピーや他社の商標を入れている商品があるのです。これらの商品のレビューもやらせの可能性が高いでしょう。

また、商品の参考価格が異常に高いものも、やらせレビューの可能性が大です。この参考価格は出品者が自由に設定できるため、ここをあえて吊り上げている業者はやらせレビューを疑ってかかった方が無難でしょう。常にセールを行っている商品は、レビュー評価が操作されているケースが多いからです。

Amazonでやらせレビューの商品を確実に避けたいなら「Amazonが販売、発送します」という表記がある商品がオススメ。これらの商品はベンダーセントラルと呼ばれるアイテムです。Amazonが業者から商品を仕入れて販売しています。多くの販売業者が混在するマーケットプレイスなどに比べて、安心感があるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。