ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

(今さらだけど)タイ料理店に必ずある4つの調味料、あれ何?

(今さらだけど)タイ料理店に必ずある4つの調味料、あれ何?

タイに行くとレストランでも屋台でも、テーブルの上に必ずあるのが写真の「4つの調味料」。普段からタイ料理をあまり口にしない人はピンとこないでしょうけど、好きな人なら知ってて当然。

タイの食卓に欠かせない
「クルアン・プルン」

(今さらだけど)タイ料理店に必ずある4つの調味料、あれ何?

この調味料4種は、「クルアン・プルン」といいます。タイ語で、まんま「調味料」という意味。
これらがテーブルに必ず置かれていることは知っていても、あまり聞き馴染みのないワードですよね。

じつはこれ、タイ料理には必須の構成要素なんです。

辛み・甘み・酸み・塩み
自分好みにめしあがれ!

(今さらだけど)タイ料理店に必ずある4つの調味料、あれ何?

西洋では料理人が味付けした料理をそのまま食べますが、タイでは「辛み」「甘み」「酸み」「塩み」を自分好みに調整するのが当たり前。それが習慣なのだそう。
とくに汁麺のスープなど、薄めの味付けのものによく使います。

中身は、このとおり。

<プリック・ポン(粉唐辛子)>辛み担当。辛い唐辛子「プリック・キーヌー」を乾燥させたものが入っている。 <グラニュー糖>甘み担当。甘さを追加することで、味のコクを深めてくれる。 <プリック・ナムソム(唐辛子入り酢)>酸み担当。辛くない唐辛子「プリック・チーファー」の輪切りが入っている。酸みを加えてさっぱりさせたいときに。 <ナンプラー>塩み担当。写真のように、辛い唐辛子「プリック・キーヌー」の輪切りが入ることもある。

(今さらだけど)タイ料理店に必ずある4つの調味料、あれ何?(今さらだけど)タイ料理店に必ずある4つの調味料、あれ何?

クルアン・プルンを入れる容器は、ガラスだったり、タイの伝統陶磁器であるセラドンに入っていたり。屋台では、写真のように、どさっとカゴにまとめて入れられていることもあります。

日本人の感覚だと、食卓に塩やしょうゆが置かれていても、あまりドバドバかけてしまっては、つくってくれた人に申し訳ない気持ちになりますよね。

けれどタイでは4つの味覚を調整して自分好みに変えてしまってOK。
なにか物足りないなと感じたら、テーブルにあるこれらを手にとってみて。

ちなみに……

(今さらだけど)タイ料理店に必ずある4つの調味料、あれ何?

この4つの調味料が常備されているタイの食卓において、右手にスプーン、左手にフォークのスタイルがマナーなんですって。タイ米はパラパラしているので、スプーンが重要なんですね。

スプーンで料理を手前に寄せ、フォークの背で押してスプーンに乗せます。肉を食べるときは、左手のフォークで肉を押さえ、スプーンの縁をナイフのようにして肉を切るんだそうです。

※この内容は、書籍『タイ料理大全:本場のレシピ100』(誠文堂新光社)から一部抜粋、編集したものです。(今さらだけど)タイ料理店に必ずある4つの調味料、あれ何?タイ料理大全:本場のレシピ100(誠文堂新光社)

タイで広く食べられている家庭料理や定番料理から宮廷料理まで、日本で再現可能な100の料理を厳選し、レシピとともに掲載。タイのコーヒー事情やアルコール事情などに関するコラムも充実。カービングや飾り切り、フルーツの食べ方、ワインのマリアージュなど、プロの料理人にも参考になる情報も載っています。Top photo: © 2018 Seiji NomuraLicensed material used with permission by 誠文堂新光社

関連記事リンク(外部サイト)

これが、ナンプラーの底力。エスニック料理だけにあらず。
ソムリエ直伝。タイ料理に合う「ワイン」
うっとりするタイ料理の「飾り切り」。え、自分でもできる!?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。